現在5勝2敗で単独2位

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

中々ブログを更新できず申し訳ございませんでした。今回は先々週末の首都大学東京と日本工業大学との試合を写真を使って紹介いたします。

まず、4月30日に行われた首都大学東京との一戦ですが、この試合は両チームとも4安打ずつの投手戦となりました。先制したのは首都大学東京でした。3回表に7番バッターが先頭でヒットを放ち、続く8番バッターが送りバントを決めて1死2塁とチャンスをつくられます。その後2死2塁にするものの、1番バッターにタイムリーツーベースヒットを放たれ、1点を先制されます。

それでも直後の3回裏、東洋学園大学は1死から3つの四死球で満塁のチャンスをつくり、4番岡本がレフトへ犠牲フライを打ったことにより同点に追いつきます。しかし、なおも続くチャンスを生かすことができずに同点で終わってしまいます。

その後はお互いにチャンスをつくるものの一本が出ずにゼロ更新が続きます。迎えた9回裏、首都大学東京の先発投手が代わり、先頭の9番大橋が四球で出塁すると、その後繋いで2死3塁とサヨナラのチャンスを迎えます。ここで3番福士の打球を相手のファーストがエラーし、サヨナラとなります。

なんとか1勝を手にすることができました。この試合では3番手で登板した2年生の松永忠に白星がつきました。試合の終盤を締める大切な役割を担っているため、中々勝ち星には恵まれてきませんでしたが、同点で迎えた9回をきっちりと抑えてくれたことで、勝利を呼び込むことができました。今後も活躍に期待したいと思います。

0430松永忠.jpg

※初勝利の松永忠

続いて5月1日に行われた日本工業大学戦です。この試合では1年生投手の佐野が先発しました。

試合は初回から動きます。1回表、東洋学園大学の攻撃は1死から2番岩浅が内野安打で出塁すると、盗塁と3番福士のヒットで1死1・3塁とします。さらに福士が盗塁したことで1死2・3塁になり、4番岡本のセンター前ヒットで幸先良く2点を先制します。

0501岡本.jpg

※先制タイムリーヒットを放つ岡本

3回表には、3つの四死球と暴投でチャンスをもらい、大橋のタイムリーヒットなどで3点を追加します。続く4回表には、1年生の古牧に初ヒットが生まれて出塁すると、1番比嘉の打席で盗塁を決めてチャンスをつくり、比嘉がセンターへのツーべースヒットを放って1点を追加します。さらに2番岩浅のセンター前ヒットで比嘉が2塁から一気に生還し、この回2点目を奪います。

0501古牧.jpg

※初ヒットを放つ古牧

7対0で迎えた5回表、先頭の7番大橋が右中間へのスリーベースヒットで出塁すると、この試合スタメンで出場となった3年生清水が右中間へダメ押しとなるタイムリーツーベースヒットを放ち、追加点を奪います。今季初ヒットを放った清水は2塁上で喜びが溢れます。

0501清水.jpg

※攻守に渡り躍動した清水

5回裏に、先発の佐野に代わって3年生の加藤がマウンドに上がります。2本のヒットとエラーが絡み1点を返されてしまいますが、6回を4年生の山田が三者凡退に抑え、7回を2年生の松永忠が抑え切って、8対1の7回コールド勝利を収めました。

週末の2連戦では両方とも勝つことができました。先週末の5月8日に行われた日大生物戦に続きます・・・。