歴代タイトルホルダー

氏名

出身校
紹介 写真
1期生 葛野 智史
(福知山成美高)
・2012年秋3部 最多奪三振 52個(4勝4敗1S)
1期生のエースとして、このシーズンは9試合に登板する鉄腕ぶりを魅せた。140km/hに迫るストレートと落ち球を武器に、高い奪三振率を誇った。ケガを経験してからは緩いカーブを覚え、緩急をつけた投球で先発から中継ぎ、抑えと幅広く活躍した。大学2年次まではサードとして出場することもあり、なんやかんや失策0という器用さは、投手のフィールディングでも光るものがあった。
※創部当初はDH枠を使わない時もあった。その時、犠打成功率100%だったことも彼の魅力である。
2期生 佐藤 勇太
(関東第一高)
・2012年秋3部 最多盗塁 10個
50m5秒台前半で走り抜ける脚力を武器に、強肩巧打の3番打者としても活躍した。
入学当初は内野手だったが、外野手にコンバートしてからは守備に対する不安が一掃されたのか、打撃にもプラスの効果が表れると、公式戦でホームランを打つまでに成長しただけでなく、高い得点圏打率も誇った。また、正確かつ強烈な送球は相手走者の足を塁上に釘付けにするなど、試合の重要なポイントを抑えてきたキープレイヤーである。
3期生 岡本 拓也
(八千代松陰高)
・2013年春3部 首位打者 0.409(22打数9安打)
・2016年秋2部 首位打者 0.462(26打数12安打)
        最多打点 10打点
        最高出塁率 0.563(32打席18出塁)
バットコントロールだけでなく、美しい放物線と、広角に飛ばす力が魅力的な選手。8シーズン中7シーズンで計9本塁打を放ち、その内の半分以上がセンターから逆方向という豪快かつ器用なバッターである。厳しいマークを受け続けても集中力を切らすことなく、全シーズンを勝負強い打撃でチームを引っ張り続けた。
走塁意欲が高く、盗塁も複数回記録している。
3期生 黒澤 蓮
(荒川工業高)
・2014年秋2部 最優秀防御率 2.12(51イニング)
連盟規定の27イニングを大幅に上回るイニングを投げたにも関わらず受賞した。
サイドスローから投げられる130km/h中盤のストレートと真横に滑るスライダーを軸に相手を封じ込めた。マイペースな性格が投球にも活き、1秒前後の早いクイックと、ピンチでのギアチェンジが彼の大きな魅力。通算では、満塁時と走者が3塁上にいる時の被打率が0割台というピンチに強い投手である。
4期生 岩浅 孝
(修徳高)
・2016年春2部 最多盗塁 8個
・2017年春2部 首位打者 0.406(32打数13安打)
        最多打点 11打点
身長は165cmと小柄ながらも、パンチ力のある打撃と堅い守備力を武器に1年生からレギュラーとして活躍をした。高校で徹底的に磨き上げた守備力をキープしつつ、大学では打撃力強化に取り組むと、大学3年次から段々と成果を出していく。4年の春に首位打者と最多打点の2冠を獲得すると、秋にはホームランを放つだけでなく、4番を任される試合があるなど、攻守ともにチームを引っ張った。
4期生

比嘉 仁人
(柏日体高)

・2017年秋2部 最多盗塁 9個
1年次からスタメンとして活躍し、セカンドを中心に守りの要として活躍した。選球眼の良さと足の速さに定評があり、高い出塁率を誇った。また、小柄ながらも強靭な足腰に支えられたバッティングは、逆方向にも強い打球を放つことができ、1番から5番までの中軸を任された。何より、守備に関しては誰にでも厳しく、二遊間を4年間組んだ同級生の岩浅と、チームの守備力向上に大きく貢献し、チームとして常に掲げる「堅守」の礎を作った。
7期生 松野 十三
(修徳高)

・2019年春2部 最多本塁打  3本
         最多打点   18打点
1年次から打撃陣の中心として活躍し、大学3年春に嬉しい初受賞(2冠)となった。歴代のチームの中でも最多本塁打受賞者は初であり、1シーズン3本塁打の壁を破った初めての選手である。このシーズンでは初戦で満塁本塁打を打ったことを皮切りに、1試合9打点や1試合2本塁打を記録するなど、記録づくめの成績を残した。打率は0.297だったものの、長打率0.622、OPS0.937を記録し、主砲の名に恥じない活躍を見せた。