歴代主将

氏名

出身校
紹介 写真
初代
H23春

H26秋
柿沼 遼
(葛飾野高)
創部5名で始まった時から卒業までの8シーズン主将を務めた。主なポジションはピッチャーとショート。最初の1年間は対外試合もできず、他大学との合同練習などでしか実践感覚を養えなかったが、それにもめげずに練習に打ち込んだ。初めての公式戦は2年春、部員13名で臨んだ4部リーグから。人数も少なく、ピッチャーとしても内野手としてもフル回転して活躍をした。部員が増え、自身のケガも重なり出場機会が減っていく中でも、チームを客観的に見続け、言葉やプレーへの姿勢でチームを引っ張り続けた。 kaki2.jpg
第2代
H27春

H27秋
林 颯一郎
(錦城学園高)
入学当初、身長はあるものの、線が細く非力だったが、真面目な練習姿勢が成長へと繋がり、入学から卒業までの間に10キロ以上の増量に成功した。練習への取り組みは試合で結果として表れ、2部リーグでは初回先頭打者ホームランを放つだけでなく、出塁率が5割を越えるリードオフマンとしてチームを引っ張った。ポジションは主にファーストを守ったが、最初の頃は外野手としての出番も多かった。足も早く、正確な送球が魅力な選手だった。 hayashi_rekidai.jpg
第3代
H28春

H28秋
福士 史成
(修徳高)
熱血漢という言葉が良く似合う選手で、1年生の時からレギュラーとして活躍し続けた。打線では上位を打ち、守備ではサードを守り続けた。ずば抜けたスイングスピードから放たれる打球は、いとも簡単に外野手の間を抜けていった。各プレーに荒さが目立つものの、真っ直ぐな性格と練習への姿勢が、これからの成長をより楽しみにしてくれる選手だった。卒業後はルートインBCリーグの福島ホープスに入団し、東洋学園大学史上初のプロ野球選手となった。 fukushi_rekidai.JPG
第4代
H29春

H29秋
比嘉 仁人
(柏日体高)
1年次からスタメンとして活躍し、セカンドを中心に守りの要として活躍した。選球眼の良さと足の速さに定評があり、当初は繋ぐ役に徹することが多かったが、打撃への高い向上心を持ち続けて練習に取り組み、4年次には3番を任されるようになっただけでなく、試合でホームランを打つまでに成長した。守備に関しては誰にでも厳しく、二遊間を4年間組んだ同級生の岩浅と、チームの守備力向上に大きく貢献した。4年秋には2部で自身初タイトルである盗塁王を獲得している。 higa_rekidai.jpg
第5代
H30春

H30秋
上野 浩孝
(霞ヶ浦高)
見る力と考える力を強みに、歯に衣着せぬ物言いで、自分の意見をハッキリと伝えられる選手だった。大学4年次には、大学からグラウンドへの移動時間が長くなり、短い時間の中でどうしたらチームが良くなるかを考え続け、練習メニューの作成の仕方などのチームの基礎を作った。キャッチャーとしては、強気な性格でピッチャーを引っ張る女房役としてチームを引っ張り、バッティングでは長打力もありながら、右打ちを得意とするテクニカルな選手だった。 ueno_rekidai.jpg
第6代
H31春

現在

髙嶋 幸太
(日本文理高)

活動中