秋季リーグ戦開幕!!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

4年生にとって最後のリーグ戦となる、2015年秋季リーグ戦が開幕しました!初戦は9月6日(日)に、日大生物と淑徳大学埼玉キャンパス坂戸グラウンドにて行いました!

第一試合の10時30分に先攻が東洋学園大、後攻が日大生物で試合が始まりました。まずは1回表に1番林が打ち取られるものの、2番小関が四球、3番福士がファーストエラー、4番岡本がセンター前ヒットで1死満塁とします。ここで5番糟谷が死球をもらい1点を先制します。続く福地がダブルプレーに打ち取られてしまうものの、まずは先制することができました。

開幕戦の先発は4年生の伊藤です。1番打者に四球を出してしまい、これが点に絡んでしまいます。さらにヒットなどで2点を奪われ逆転を許してしまいます。

しかし、すぐさま2回表には下位打線を中心にチャンスをつくると、その後に3点を奪い4対2と逆転に成功します。3回裏に二塁打を打たれて1点を返されるものの、先発の伊藤は5回裏を三者凡退に切ることで、4対3とリードした状態でバトンを引き渡します。

迎えた6回裏、マウンドには1年生の水野が上がります。不安定な立ち上がりから1点を失い同点にされてしまいますが、続く7回裏の1死1・3塁でのピンチでは、飛び出した三塁ランナーを牽制で刺して次の打者を打ち取り逆転は許しません。

なんとか奮起したい打線はチャンスを作るものの、6回からマウンドに上がった相手投手がストレート中心の投球なのにも関わらず、ただフルスイングをするだけで、良い当たりは全て深めに守っていた外野手に取られてしまい、得点することが出来ません。

そして8回裏には水野に代わり1年生の近藤が上がります。難なく8回裏を無失点で戻ってきます。迎えた9回裏、先頭の1番バッターに痛烈な三塁線へのゴロを打たれますが、サードの福士がダイビングキャッチをして長打にはさせず単打にします。

無死1塁から2番打者に送りバントを決められ1死2塁。そして3番打者の時にパスボールがあり、このバッターを歩かせて1死1・3塁となります。一打サヨナラの場面で迎えた4番を歩かせて1死満塁とします。ここで5番打者から空振り三振を奪い2死満塁としますが、代打で出てきたバッターを2-2と追い込むものの、決め球のストレートが浮いたことでファースト後方に落ちるヒットとなってしまいゲームセット。この時にライトの福地は、全力疾走をしないバッターランナーを見てチャージし、ライトゴロを狙っていたものの、ピッチャーが立ち尽くしてファーストベースカバーにこなかったことから成立せず。最後まで諦めない姿勢に学年の差が出たといったところでしょうか。

開幕戦は悔しい一敗になってしまいました。昨季の結果を上回るためにも、負けていられません。この日の反省を活かし、同じ課題が出ないように取り組んでいきたいと思います。

また、この日も多くの保護者の方々や教職員の方々に応援にきていただきました。本当にありがとうございました。残り9試合全て勝てるよう頑張りますので、応援の程よろしくお願いいたします。