秋季リーグ戦3部開幕

みなさんお久しぶりです!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/

先日の9/8から東京新大学野球連盟の3部も秋季リーグが開幕しました♪

初戦の相手は東京理科大学。春の3位チームで左の好投手と、打撃力を持った手強い相手です。そして9/9のリーグ二戦目は東京農工大学。春の4位チームで3年生エースと、安定した守備で大崩れのしないチームであり、こちらも手強い相手です。

まず初戦の東京理科大学戦を写真付きでおさらいします。

こちらの先発はエース葛野。初戦ということもあったのか力みもある投球で、初回から点を許す展開でした。しかし、この日は打撃陣がバックアップをします。

2回から4回にかけて1点ずつ奪い、3対1と逆転をします。

IMGP0715.JPG

※1打席目にヒットを放つ柿沼

6回と8回に1点ずつ返され同点とされますが、9回に3番の小山が右中間へ打球を運びチャンスをつくります

IMGP0751.JPG

※右中間へヒットを放つ小山

すると9回には一挙6点を取り、9-3のままゲームセット。我慢の続くゲームでしたが、集中力を切らさずに戦えた結果だと思います。

続く東京農工大との試合の写真はありませんが、試合展開を簡単にご説明します。さすが守備の安定しているチームだけあり、3年生エース加村が登板した試合の序盤はゲームが動きません。

試合が動いたのは5回!5回表に先制されますが、その裏にすぐさま漆島のタイムリーなどで2点を奪い返し、逆転に成功します。しかし、7回に失策が重なり2点を奪われ逆転を許してしまいます。

1点リードされた状態で迎えた9回の裏、林のタイムリーで同点に追いつきます。

更に10回表を無失点で切り抜け迎えた裏には、代わった相手投手から先頭の佐藤(勇)が左中間への二塁打で出塁すると、続くバッターたちも繋ぎ、一死満塁として迎えたキャプテン柿沼の打席。2ストライク3ボールから相手投手が選んだのはストレート。しかし、逆球気味に外れたインコースのストレートの判定はボール。押し出しのフォアボールでサヨナラ勝ちとします。

この試合も自分たちのミスで劣勢に立たされながらも、なんとか踏ん張ることができました。

まずはリーグ戦、最初の週を2連勝で始められたことは良かったです。続く試合も頑張りますので応援よろしくお願い致します。