残りあと1試合!!~part1~

みなさんこんにちは!東学硬式野球部です(^^)/

先週末の10月20日・21日には東洋学園大学流山キャンパスにて学園祭である、鰭鰭祭(ひれひれまつり)が開催されておりました!2日目にはE-Girlsがライブを行いに来てくださったりと大盛況に終わりました(^^)b♪

そんな中、硬式野球部も秋季リーグの2試合を行い、20日には東京工科大学に1対0で完封勝利し、21日には国際基督教大学に8対4で勝利することができました!ヽ(^∇^)丿ヨッ

これでリーグ戦の通算成績は7勝2敗となり、現在は勝ち数で単独首位です♪

では、写真ありと無しで試合を振り返ってみます。

まず20日(土)の東京工科大学戦です。

今回は写真付きで試合前のご紹介をしたいと思います(^^)

IMG_4198.JPG

※初めての公式戦スコアを付ける渡邉

大学から野球を始めた東学硬式野球部1期生の渡邉(通称:ナベ)は、現在はマネージャーをやりながら好きで始めたという野球に触れている最中です。

何をやるにも初めてなことが多く、神経を使って疲れますが、好きだという野球には積極的にそしてひたむきに、真摯に取り組んでいます。

高校野球を経験してきた周りの選手たちとも打ち解けることもできて、野球はプレーすることも当然のことながら、裏方の重要性を身に染みて感じているようです。

私から「どうだ?変わらず野球は楽しいか?」と聞くと、渡邉はニヤッと笑って「はい、楽しいです。」と笑顔で返事をしてくれました。グッジョブナベ(^^)b

集団の中で自分の役割を見つけることのできた渡邉の成長はとてもうれしいことです。野球部創設の1期生として、今後も継続して頑張ってもらいたいと思います。

さて、リーグ戦ですが、先攻は東洋学園大学、後攻は東京工科大学で試合開始です。

東京工科大学の先発はエースの齊藤君です。コントロールと緩急を上手く使うだけでなく、エースとして欠かせない体力的にも精神的にもタフな投手です。前回同様にロースコアのゲームを覚悟するスタートとなりました。

初回から点を取りに行くことを目標に掲げた東学ですが、4回までノーヒットに抑えられてしまいます。対する東京工科大学を相手に先発したのは、こちらもエースの葛野です。 IMG_4201.JPG

※先発完封勝利をあげた葛野

初回を三者凡退で締めながらも、2回には失策や四球でランナーを出してしまいます、しかし、後続をしっかりと抑えて、5回までノーヒットピッチングをします。

攻撃では5回表に伊藤が初安打を放つと、次の6回表には先頭の柿沼と続く福地が連続ヒットを放ち、2番の佐藤和が送りバントを決めて、3番の佐藤勇がライトへ犠牲フライを放ち、1点を先制します。

7回表や9回表にもチャンスをつくりますが、相手投手の齊藤君に粘られ、この1点に抑えられてしまいます。

しかし、先発した葛野は6回のヒット1本と8回のヒット1本の、9回被安打2四死球5奪三振9で完封とまずまずのピッチングをしました。

初めて同チームに連勝をできたということが、チームとして喜ばしいことです。そしてその相手が春まで2部でプレーをしていた東京工科大学ということも大きな自信に繋がりました。

~part2へ続く~