冬季練習再開

 

みなさんこんにちは!東学硬式野球部です(^^)/

リーグ戦後の束の間の休息も終わり、来春に向けて冬のトレーニング期間が始まりました。

チームとしては1・2年しかいないこともあり、この冬場は全身の最大筋力向上が必須となる、厳しい体づくりの期間になります。各々が追い込む期間として、まずは12月20日の練習納めまで全体練習を行います。

その後、1月26日の練習再開までは自主練習期間として、全体練習は行いません。大学生は個人に任される部分が多く、自己管理能力を高めるためにも、この自主練習期間の過ごし方がとても大切になります。そして2月と3月にオープン戦を行い、4月の春季リーグに臨むということになります。

大学野球では春と秋にシーズンがあるため、そこで力を出すには、シーズン前の夏と冬に力を溜めないといけません。夏は練習試合も多く、次のシーズンまでの間隔も広くは空きませんが、目の前に試合がなかったり、体をいじめて最大筋力を増やしたりしなければいけない冬を、個人で管理するということは簡単ではありません。

しかし、そこで野球に対する取り組み方や情熱に差が出てきます。なりたい理想の自分を思い描き、課題を見つけて克服しようと強く思えば、自ずとそれは行動として表れてくるでしょう。それは社会に出てからも、やりたいことで結果を残すため、地道に我慢して下積みをしていけることに繋がることでしょう。

「大学野球を通じて、社会で活躍する人間を形成する」ことをチーム理念としている東学硬式野球部としては、そういった学生が育つよう指導にあたっております。

高校野球とは様々な部分で環境が変化する大学野球に興味をもった方はぜひチャレンジしていただければと思います。

それではまた(^^)/~♪