【今季目標達成】3部優勝・2部昇格~part1~

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/♪

みなさんにうれしいご報告があります!なんと、予てよりご連絡しておりました、2・3部入替戦を2連勝し、秋から2部リーグで戦うことになりました!いつも応援してくださっていたみなさん、本当にありがとうございますm(_ _)m

今回のブログは2本に分けてご報告いたします!まず第一戦目の6月1日の試合からご報告いたします(^^)♪

6月1日土曜日、天候は晴天に恵まれました。対戦相手は工学院大学でした。先攻は東洋学園大学、後攻は工学院大学で、12時30分に試合が始まりました。

相手投手は4年生の中尾君でした。今季リーグ戦でも初戦に登板しただけの投手ということもあり、あまりデータの無い投手との戦いから始まりました。こちらの先発は3年生エースの葛野です。

まず、先頭打者の福地が3-2とフルカウントからレフト前ヒットで出塁すると、2死3塁として4番五十川を迎えます。初回のチャンスに五十川が強く叩き付けた打球はショートを抜き、レフト前ヒットとなって先制点をあげます!

そのすぐ裏、先発葛野は先頭打者にヒットを打たれ2死2塁としますが、ピンチで4番打者のライト後方へのフライを千田がライン際で好捕して、無失点で初回を終えます。 61kadono.JPG

※先発した葛野

2回表には、3つの四死球が絡み1点を加えて2死満塁として迎えた3番福士。この時に相手捕手のパスボールで3塁走者の飯塚だけでなく、2塁走者の林が一気に本塁を陥れ、更に2点を追加します。仕切りなおして2死3塁から福士がレフト前ヒットを放ち、この回4点を奪い5対0とします。

しかし、2回裏に2アウトから3連続2塁打を浴びて2点を奪われます。4回表には相手のエラーも絡み1点を追加しますが、4回裏にまたも葛野が3単打を集められ2点を奪われてしまいます。東学は5回表にも1点を追加します。

5回表が終わって7対4とリードしている場面で、先発の葛野を諦めてリリーフとして鈴木をマウンドに送ります。5回裏を無失点で切り抜けると、6回表に2アウトから7番飯塚がレフト前ヒットで出塁すると、8番千田が右中間を深々と破る2塁打を放ち1点を追加。さらに9番林がセンター前にタイムリーヒットを放ち1点を追加と、下位打線3人の3連打で2点を奪い9対4とリードを広げます! 61senda.JPG

※右中間へ適時2塁打を放つ千田

61hayashi.JPG

※適時打を放つ林

そのまま試合は9回へ。9回表の攻撃は1死2塁から4番五十川の右中間へのタイムリーヒットとなる3塁打でダメ押しの10点目を奪います。迎えた9回裏に1点を失うものの10対5で試合終了。入替戦初戦を10対5と勝利で飾ることができました。 61suzuki.JPG

※5回1失点で勝利投手となった鈴木

無事勝利を収めることができましたが、不安の残る試合でもありました。試合終了後には、入替戦の第二戦目の重要性を全員で共有して、明日で絶対に決めようと誓い合い、ミーティングを終了しました。