部員と一問一答!!

みなさんこんにちは。東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

今日は先日ご連絡した通り、部員からのうれしいお知らせをご報告します。

シリーズ企画も考えている、この栄えある一回目を飾る部員は、4年生の漆島健太です!

今年卒業する予定の4年生は全部で5名います。彼ら彼女らが1期生として初めての卒業生になる予定です。その中でも漆島は、一番に就職活動で内定をいただいた報告に来てくれました。

以下、漆島との一問一答です。

 

Q1.全部で何社ほどエントリーしましたか?

A1.8社ほどです。

 

Q2.準備から決定までどれくらいの期間を費やしました?

A2.準備から決定にはだいたい4ヶ月ほどかかりました。

 

Q3.今回内定をいただいた会社を志望した理由は?

A3.私は営業ではなく技術職で作業着を着て仕事がしたいというのがあったので、まずそこを第一に企業を絞っていきました(※彼は工業高校出身です)。その条件で探していたところ、自分がやってみたい業務内容で、家からもさほど遠くないとこにあったので志望しました。

 

Q4.この会社に決めようと思ったきっかけは?

A4.社内見学ということも兼ねて、業務の現場に参加させてもらったのですが、その時に本当に皆さんがいい方々で、この方々と一緒に仕事がしたいと素直に思えたことが1番の理由です。

 

Q5.その会社で将来の自分を描けていますか?またどうなりたいですか?

A5.まだその会社で将来の自分というものは描けていません。しかし、自分がどうなっていきたいかというものはあります。まず1年間は業務の関係上ですが、昼夜逆転の生活になるようです。それを乗り越えてから、異なった業務にチャレンジして行きたいと考えています。現段階で一番興味を持っている業務は、水道管関連の業務です。希望している仕事を与えていただけるように、積極的に仕事に取り組んで行きたいと思います。また、先日社長さんとお話をさせていただいたのですが、「もしかしたら、営業もやるという選択肢もあるよ。」とおっしゃっていただきました。私は作業着を着て仕事をしたいと考えていましたが、それは最初から自分自身の可能性を狭めているということにもなってくると思うので、入社後は営業という選択肢を視野に入れながら、仕事に取り組んで行きたいと考えています。

 

以上が漆島からの一問一答の回答でした!今年は東学野球部から、初卒業生が出ることになります。漆島以外の4年生たちも部活と就職活動を両立しながら選考を進めていたり、教育実習への準備をしたりしています。ぜひ悔いの無いようにチャレンジしてもらいたいと思います。

これをシリーズ企画にするか否かは別として、今回のブログは東学野球部における初物ということで、とてもおめでたい内容になりました!漆島の笑顔と一緒に終わりにしたいと思います。それではまた来週(^^)/~~~ IMG_8717.JPG