祝3部優勝!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/♪

今日はみなさんにうれしいご報告があります!先週末5/25(日)の対日本工業大学戦で勝利し、9勝0敗で優勝が決まりました!はい拍手(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ

リーグ戦自体は今週末6/1(日)に行われる、対東京農工大学戦が残っていますので、そこまで気を抜かずに戦っていきます。

それでは5/25(日)対日本工業大学戦を振り返っていきましょう!

先攻は東洋学園大学、後攻は日本工業大学です。

試合は初回から動きます。この日1番に入った福士が初球を叩きセンター前ヒットを打つと、2番比嘉がきっちりと送りバントを決めて1死2塁とチャンスをつくります。続く3番佐藤(勇)が四球を選び1死2・3塁として4番岡本を迎えます。ここで岡本が2ボール1ストライクから高めに浮いた球を叩き、左中間を破るタイムリーツーベースを打って、幸先よく2点を先制します。

こちらの先発は2年生の黒澤です。点を取った直後の1回裏、四球が絡み1死1・2塁とピンチを招きますが、4番と5番を内野ゴロに仕留めて無失点で切り抜けます。

また、2回裏には今季初スタメンのレフト糟谷が、2死1塁から難しいファールフライをキャッチし、チームを大きく盛り上げてくれました。 IMG_0056.JPG

※今季初スタメンの2年糟谷

その後お互いにランナーを出しながらもチャンスを掴めずにいますが、4回裏を黒澤が両軍合わせて、初めて三者凡退に抑えたことにより、ゲームが再び動き始めます。

5回表東洋学園大学の攻撃は、先頭4番岡本が放ったショートへの鋭い打球がグラブをはじき、先頭打者が出塁します。その後、送りバントと野手選択ミスが重なり1死2・3塁として、8番佐藤(尊)が打席に立ちます。しっかりと捉えた打球は左中間最深部まで飛ぶ、大きな犠牲フライとなり、この回1点を追加して3対0とします。

続く6回表には2死から2番比嘉がレフト頭上を越える2塁打を放ちチャンスをつくると、3番佐藤(勇)が粘って右中間にタイムリーヒットを打ち、1点を追加します。さらに4番岡本が2死1塁から初球をレフトスタンドに放り込む特大ツーランホームランで、この回3点を追加して6対0と大きく突き放します。 IMG_0002.JPG

※チャンスをつくった1年比嘉

IMG_0026.JPG

※ホームランを打った岡本

直後の6回裏を黒澤が三者凡退に切ると、試合の流れは完全にこちら側に傾きます。先頭の佐藤(尊)が四球を選び、8番糟谷が送りバントを決めて1死2塁とします。代打の飯塚が三振となりますが、1番福士がライト線へ2塁打を放ち7対0とリードを広げます。続く2番比嘉がセンター前ヒットを打って2死1・3塁とすると、3番佐藤(勇)が崩されながらもライト頭上を越える、エンタイトルツーベースを打ちます。これで8対0としてコールドゲームの条件が整います。 IMG_0014.JPG

※エンタイトルツーベースを打つ佐藤(勇)

8点差をつけて迎えた7回裏、代打飯塚の代わりに、ショートにはピッチャー黒澤と同じ高校からきた、同級生の品田が守備固めとして入ります。先頭打者の7番打者をセカンドゴロに打ち取った後、8番打者にライト前ヒットを打たれて1死1塁とされます。しかし、続く9番打者の試みたセーフティーバントを、サード福士が良く処理して2死2塁になります。ここで相手の打順は1番に戻ります。1番打者の打った打球は三遊間を破るかと思われましたが、ショート品田が好捕し、2死1・3塁で食い止めて簡単に相手へ得点を与えません。守ってもらったピッチャー黒澤は2番打者を三振に切って取りゲームセット。8対0の7回コールド勝利を収めました!

先発した黒澤は7回被安打4四死球3奪三振6の無失点と、打たせて取るピッチングで見事初完封をしました!野手陣も11安打の猛攻だけでなく無失策と相手を圧倒しました。

この日は自力単独優勝を決める大事な試合とあって、部員全員参加の応援にもなりました。試合後は全体で集合写真を撮りましたので、載せておきます。 IMG_0072.JPG

※祝3部優勝!

これで2部への挑戦権を手にすることができました。この優勝は個人の成長や課題発見など、大きなプラス作用になってくれたと思います。しかし、この後にある入替戦で2勝しないことには、チームとして今季優勝した意味が無いに等しい事態となってしまいます。もともと、2部昇格を目標に取り組んできただけに、あくまでもこの3部優勝というものは、チームの通過点であると、全員が自覚する必要があります。

さらに、まだ今週末の6/1(日)にリーグ戦を締めくくる最終戦があります。入替戦に良い形で向かうためにも、気を抜くことなく、全勝優勝をできるように、まずは取り組んでいく必要があります。

今週末を勝って、さらに入替戦も勝ち越して、2部復帰を果たすということが、いつも応援していただいている保護者の方々や、教職員の方々への一つの恩返しの形になると思います。目標を達成するためにも全員で頑張って行きますので、今後ともご支援やご声援のほどよろしくお願いいたします。

それではみなさん、また来週(^^)/~~~♪