とうとう並んだ同率1位!!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/♪

先週の土曜日に行われた対駿河台大学戦で勝利を収めることができ、さらに予備日である月曜日までの日程を消化したところで、6勝2敗で3チームが並ぶことになりました!

前季からの成績を考慮した並び順ですと、駿河台大学、東京学芸大学、東洋学園大学の3チームが並ぶ結果となりました。

今後の日程としては、駿河台大学と東京学芸大学が直接対決を1つ残しており、我々東洋学園大学は東京学芸大学との直接対決を1つ残しております。まだまだ最終週まで優勝がわからない、白熱した戦いが続いております(^^)オモシロイ

※写真が無いため、文章だけで失礼します。

それでは、10/11(土)の駿河台大学との第2回戦を振り返ってみましょう。先攻が東洋学園大学、後攻が駿河台大学で試合開始です。

まず初回、1番林がレフト前ヒットを放ち出塁すると、その後ヒットや四球で1死満塁として5番髙橋を迎えます。ここで髙橋がライト前ヒットを放ち先制点を挙げると、さらに7番福士が2死満塁からタイムリーツーベースを放ち、初回から幸先よく4点を奪います。

こちらの先発投手は2年生の黒澤でした。簡単に2死を取りますが、3番打者を四球で出塁させると、その後連続単打を打たれて1点を返されてしまいます。

迎えた3回表、3番佐藤勇と4番岡本が四球で出塁して無死1・2塁のチャンスをつくり、5番髙橋が送りバントを決めて、1死2・3塁のチャンスをつくります。ここで迎えるバッターは6番福地です。前回の打席ではチャンスで三振した悔しさを晴らすかのように、ライト前ヒットを放ち、貴重な追加点をあげます。

その後はお互いにランナーを出しながらも投手が粘り、得点を与えない試合が続きます。そして迎えた9回裏、ここまでマウンドに立ち続けた黒澤が先頭に四球を与え、さらにヒットで無死1・2塁とピンチを迎えてしまいます。ここで4番打者をキャッチャーフライに打ち取り1死1・2塁とすると、続く5番打者に代打が送られてきますが、黒澤がサードゴロの併殺打としてゲームセット。

初回の集中打と黒澤の粘りのピッチングで、5対1と勝利を収めることができました。この時点で駿河台大学と2敗同士で並び、同率2位となりました。さらに日曜日の試合と、月曜日の試合が消化された時点で、3校同率の1位となりました。

というのが先週の流れです。そんな中、10/11(土)と10/12(日)には、流山キャンパスで学園祭がおこなわれました!たくさんの来場者の方々に来ていただき、とても賑やかな2日間でした!

お笑い芸人さんらによるお笑いライブがあったり、仮面ライダードライブがきてのショーがあったりと、地域の子供たちもたくさん来てくれました(^^)♪

野球部の学生たちも土曜日は参加できませんでしたが、日曜日には参加し、束の間の休息を楽しんだようです。

さて、今後の野球部の活動はと言いますと、火曜日である本日はウェイトトレーニング、水曜日からは実践の練習、そして10/18(土)には東京学芸大学と戦い、19(日)は淑徳大学埼玉キャンパスと戦います。予定としては今週末で、我々のリーグ戦日程は終わります。

残りの試合をすべて勝って、優勝への望みを繋げたいと思います!みなさん応援の程よろしくお願いいたしますm(__)m

それではまた来週(^^)/~~~