秋季リーグ戦終了!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/♪

先週末の10/18(土)に東京学芸大学さんと、19(日)には淑徳大学埼玉キャンパスさんと公式戦を戦いました。優勝するためには2連勝が必須条件だったわけですが、東京学芸大学との試合は2対3と惜敗。しかし、淑徳大学埼玉とは2対1の辛勝でした。

まず10/18(土)の対東京学芸大学ですが、この試合では6つの失策を重ねてしまいました。さらにこの中にはタイムリーエラーが2つ含まれております。わざわざ自分たちでチャンスを逃したという形でしょうか。それでも先発の伊藤がミスを良くカバーする投球を見せてくれました。また、リリーフで登板した黒澤も3回を無失点の好リリーフを見せてくれて、勝ちへの執念をバッテリーから感じました。

打撃では散発2安打ながらも、押し出しの四球やタイムリーヒットもあり2点を奪いましたが、走塁ミスなどの普段あまり考えられないミスが目立ちました。最終回にも2死2塁で1番林を迎えて、センターへヒットかと思われる打球を打ちましたが、相手の思い切ったダイビングキャッチという攻守に阻まれゲームセット。ここまで積み上げてきた経験や自信、精神力という自力の差が出た試合だったと思います。負けはしましたが、こういった試合を積み重ねていくことによってしか得られない、緊迫した雰囲気の中での粘り強さを身につけてほしいと思います。こればっかりは本当に経験値でしか得られないものだと思います。ここ一番での勝負を分ける差は精神力だと思います。どれだけ痺れる場面を楽しめる選手が増えてくるか、今後の彼らに期待したいと思います。

続いて10/19(日)の対淑徳大学埼玉キャンパスですが、今季最後の公式戦だということもあり、学年問わず多くの保護者の方々や、学校関係者の方々に応援に来ていただきました。また、創部から一緒に戦ってきた4年生たちの最後の公式戦でもありました。

そんな中、こちらの先発投手は2年生の山田でした。登板する前に4年生から最終戦のプレッシャーを与えられるものの、逆に山田は「柿沼さんと葛野さんのためにも最高の状態でマウンドを譲ります。」と力強く宣言をしました。精神的に波が激しいタイプの投手でしたが、今年の成長を見せるかのように、試合のマウンドでは連続した同じボール球を続けて投げることなく、冷静に淡々と、そして時には力のあるインコースのストレートで見逃し三振を取るなど、5回無四球被安打1の無失点と今季のベストピッチングを披露してくれました。 IMGP2461.JPG

※先発で好投した山田

打撃陣もチャンスをつくりながら中々得点できずにいましたが、3年生佐藤勇の2本の長打もあり5回までに2得点を奪い2対0とリードします。 IMGP2514.JPG

※2長打の活躍を見せた佐藤勇

そして6回表、マウンドを引き継いだのは4年生の葛野です。先発した山田が入部してきてから一番可愛がっていた先輩も、後輩に負けじと好投を見せます。相手に粘られても簡単にランナーを出すことなく、最後のバッターにはこの日一番のストレートで空振り三振を奪い、三者凡退で前主将の柿沼へマウンドを託します。 IMGP2525.JPG

※三振を奪う葛野

7回表、3番手としてマウンドにあがった柿沼は先頭バッターの投手やや右側のゴロを、ショートに任せるようにグラブを引きますが、打球はセンターへ抜けて行き無死1塁。続くバッターにライトへライナー性のヒットを打たれ無死1・2塁とピンチになります。続くバッターのバントを柿沼が好フィールディングを見せて1死2・3塁とします。ここで続く打者にレフトへ犠牲フライを打たれて2対1の1点差になり、そして2死3塁とピンチが続いてしまいます。続くバッターに四球を出したところで光川監督が立ち上がりますが、ベンチに座りなおします。制球が定まらず苦しそうに見えましたが、光川監督曰く「抑えられそうな気がした。」という閃きに応えるように、柿沼が次の打者を打ち取りなんとかリードした状態で7回を抑えます。 IMGP2558.JPG

※粘り勝ちの柿沼

そして8回表には昨年の秋でフル回転した2年生の鈴木が無失点で抑え、9回表にはホロ苦いデビューから成長してきた、1年生の柴田が無失点に抑えてゲームセット。最終戦を2対1で勝利し、今季2部リーグの通算成績を7勝3敗として3位を確定させました。

今季はチーム防御率も格段に向上し、ロースコアで戦えるようになってきました。また、打撃陣も成長をみせてくれましたが、まだまだ失策数が多く、チームが掲げている「守りの野球」にはほど遠いという現状です。初めての4学年揃ったチームで2部を戦い抜きましたが、目標であった1部昇格を果たすことはできませんでした。それでもここまで良く戦ってくることができたと思います。4年生たちの代は全員で5名と人数も少なかったですが、一人も欠けることなくこの4年間を走ってきました。本当に素晴らしい学年だと思います。目標達成はできなかったものの、ここまでのプロセスは間違いなく成功と言えるでしょう。

それでは、この後に行われた全体総括のミーティングと4年生からの一言、記念撮影、サイドストーリーはこの後のブログに続きます...。