第3回流山少年野球教室開催

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/♪

日に日に寒さが増してきて、部員たちの中でも風邪が流行ったりと、体調を崩す者が出てきています。みなさんも体調管理には気を付けてくださいm(__)m

さて、先週の東学野球部はというと、12/7(日)に地元の流山クラブという少年野球チームの小学生たちに野球を教えさていただくという、流山少年野球教室を開催しました。この取り組みも今年で3年目になります。本当に貴重な機会をいただいており、選手たちは地元にも恵まれているということを忘れないでほしいと思います。

光川監督が選手たちに意識して取り組んでほしかったことは2点ありました。一つ目は「人に教える難しさを学ぶ」ということ、2つ目は「小学生の野球への取り組みを見習い、自分が野球を始めた原点回帰をする」ということでした。大学生は、野球を通して小学生から学ぶというスタンスを持ち、小学生は大学生に野球の手本として技術的な部分を学ぶという、お互いに尊重し合った形の野球教室だということを認識してほしかったのだと感じます。これから学生たちが社会に出ると、後輩に仕事を教える日のほうが長くなるわけですから、少しでも早くそういったことを野球を通して体験しておいてもらいたいという、首脳陣からすれば大変ありがたい機会だったわけです。

少し話が逸れてしまいましたが本題に戻ります。午前中はシート打撃を行い、実践的な練習をしまして、13時から小学生たちを迎え入れて、野球教室を始めました!

まずはお互いに元気よく挨拶を交わしました。小学生たちの元気に引っ張られるように、大学生たちは午前の練習よりも、大きな声を出して練習に取り組むことができました。ありがとうございます。 aisatu.JPG

※まずはお互いにご挨拶

まずは準備体操を行い、その後は大学生2人と小学生1人の3人ペアになって動きました。準備体操の後は先ほどの3人ペアでバランス感覚を養う練習を行い、その後にダッシュなどのアップを行いました。 balance.JPG

※バランス感覚のトレーニング

アップが終わるとまずはキャッチボールへ。小学生のほうにも大学生が1人ついてキャッチボールを見守ります。徐々に距離を取って遠投をした後は、塁間の半分くらいで胸に投げる練習、そしてファーストが一番伸びて取りやすい腰の高さに投げる練習、最後にタッチプレーのために足元に投げる練習を行いました。小学生たちは体を目一杯使って、全力で楽しそうにキャッチボールをしていました。 catchball.JPG

※全力でキャッチボール

キャッチボールの後は内野手の基礎練習となるゴロ捕球を行い、その後にフライを取る練習をしました。これはポジション関係なく全員参加です。足の運びもスムーズで、上手な選手たちがたくさんいました。将来が楽しみです。 syubi.JPG

※ゴロ捕球の姿勢を取る選手

基礎練習をした後はポジションに分かれてシートノックを行いました。大学生と小学生が混じり、まずはボール回しから行い、どうやったら早く投げることが出来るかを議論しながら取り組みました。ノックでは足の運びや送球を意識しながら取り組みました。 knock.JPG

※セカンドから一塁に綺麗な送球

ノックが終わるとバッテリーは投球練習を行い、バッテリー以外はバッティング練習を行いました。ストレートの握りを確かめながら、ミットめがけて全力投球です!バッターはまずはロングティーをして、遠くに飛ばす練習をしました。 pitching.JPG

※投球練習をするピッチャーたち

ロングティーの後にはバッテリーも合流してフリーバッティングを行いました!小学生たちは広いグラウンドで打球を遠くに飛ばそうと、フルスイングしました! free.JPG

※フリーバッティングでフルスイング!

最後は小学生と大学生の混合チームを2つに分けて、ベースランニングで勝負をしました!小学生たちからも厳しい声が飛んで、大学生たちもたじたじでした(笑)

ベースランニング後はダウンの体操をして、グラウンド整備を全員でして終わりました。大学生たちも童心に帰ることが出来た、とても充実した1日でした。ご協力いただきました流山クラブの方々、本当にありがとうございました。今後も地元の方々に応援していただけるような部活でありたいと思いますので、応援の程よろしくお願いいたします。 syugo_syougakusei.JPG

※流山クラブと記念撮影

今週のブログは以上です!全体練習の締日は12/20(土)を予定しております。これから大学生が一番伸びる冬の自主練習期間に入ります。全員気を引き締めて取り組んで行こうと思います。それではまたお会いしましょう(^^)/~~~