秋に向けてリスタート!

 

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/♪

春季リーグ戦も無事に終えることが出来ました。ご声援をいただいたみなさん、本当にありがとうございました。今季は2部リーグ2位という結果で終えることが出来ましたが、7勝3敗という記録は昨季と変わらずで課題の残る結果でした。また、1位校である駿河台大学に2敗してしまい、唯一白星を取ることが出来ませんでした。優勝争いをしていく上で、やはり同じチームに2敗することは許されないと思いますので、今後の課題として取り組んで行きたいと思います。

さて、更新も久しぶりになりましたので、硬式野球部の現状をご報告いたします。先週末にリーグ戦の日程を終了し、入替戦の試合結果に耳を傾けている最中です。来季の相手校が入れ替わるかどうかも楽しみの一つです。

また、野球部は先週月曜日から、土曜日までの6日間をオフとして、日曜日に全体ミーティングとグラウンド整備を行いました。この全体ミーティングでは、今季の振り返りを行い、来季に向けてチームと個人の課題点を明確にして、今後の取り組みに活かしていくための話し合いなどをしました。グラウンド整備では道具整理や土を均(なら)すこと、ネットの補修、グラウンドの草むしりなどを行いました。こういった経験を通して、自分たちで環境を整え、野球をすることが出来るグラウンドに愛着を持つと同時に、大切に扱う心を持ってほしい思ってます。

今後の予定は7月上旬まで練習とオープン戦を行いますが、中旬から下旬にかけてはテスト期間のため、約3週間の自主練習期間にします。そして8月に入るとすぐに高校生との合同練習会を行い、夏合宿へと出発する予定です。合同練習会の案内書につきましては、後日改めてご連絡いたします。

そして、この夏合宿に向けては、どのように自主練習期間を過ごせるかが重要になってきます。ここで大切なことは、まさしく大学生に必要とされる自己管理能力であり、自分で考えて判断し行動できるかという、「自主性」だけでない「主体性」が試される時期です。実際にこの合宿ではオープン戦を含めたAチームとBチームの振り分けが行われます。合宿で状態を上げていくのではなく、どれだけ良い状態で合宿に入り、アピールをするとともに、練習を多くこなして自力を上げられるかが大切だと思っています。

以上、東学野球部の近況報告でした。2部リーグにおける個人タイトル(東学内)は別ページで紹介しますので楽しみにしておいてください!それはまた今度(^^)/~~~