ひとつずつ。

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

先日の9/12(土)に高千穂大学と首都大学東京グラウンドで、秋季リーグ戦第2戦を行ってきました。第1試合のため10時30分から、先攻は高千穂大学、後攻は東洋学園大学で試合開始です。

初回の先発マウンドには前回同様に4年生の伊藤が立ちます。ヒットによるランナーを1人出してしまうものの、無失点で切り抜けます。

試合が動いたのは2回裏の東洋学園大学の攻撃です。先頭の4番岡本が二遊間よりに打った打球を相手ショートが捕球するものの、送球が悪送球となり出塁します。続く尾関がきっちりと送りバントを決めて1死2塁とし、6番福地がこれまた二遊間よりのショートゴロを打ち、良いスタートを切った岡本が3塁へ進塁して、2死3塁とします。ここで7番佐藤(和)が粘った末にセンター前ヒットを放ち、1点を先制します。続く飯塚が右中間にシングルヒットを放ち2死1・3塁としますが、9番糟谷がショートゴロに打ち取られ追加点を奪えません。

お互いに投手が粘りゼロ更新が進みますが、迎えた8回表に再び試合が動きます。ここまで好投を続けてきた伊藤が先頭の2番打者にヒットを打たれると、続く打者に四球を与えて無死1・2塁とピンチとなります。ここで4番打者が送りバントを試みますが、ファースト尾関のチャージで3塁フォースアウトとして、チャンスを広げさせません。良いプレーで流れが戻りかけたかと思いましたが、続く5番打者に甘く入った変化球を左中間に運ばれ、2点タイムリーツーベースを許してしまいます。しかし、ここで簡単に崩れないが伊藤です。続くバッターをきっちりと討ち取り、この2点で8回を踏ん張ります。このまま9回まで伊藤が投げきり2失点完投をします。

何とかしたい打線は8回に先頭の尾関が出るものの、福地がゲッツーでチャンスを広げられず、9回には無死1塁から林がゲッツーに倒れるなど、重なる併殺打で点を奪うことが出来ずゲームセット。1対2でまたしても1点差の試合を落としてしまいました。序盤で畳み掛けられず、後半で粘れずと、いつもと同じ課題が出てしまったことを選手たちも悔やんでおり、試合後のミーティングでは「ここをどうにかしよう」という意見がでました。

なんとも言えない開幕2連敗になってしまいました。それでもやれることをひとつずつやっていくしかないため、いつもと何かを変える工夫を練習から行っていくしかありません。優勝を目指す以上これ以上の敗戦はできません。このプレッシャーをチームの強みに変えられるように、楽しんでもらいたいと思います。一日も早く勝ち星をみなさんに届けられるように今週も頑張りますので、今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

今週は土日と連戦になります。それではまた来週(^^)/~~~