週末2連戦は良い流れ!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

先週末は0勝で迎えた2連戦でした。写真の更新は後日になってしまいますが、結果を振り返っていきます。(※このページでは首都大学東京戦を振り返ります)

先攻は東洋学園大学、後攻は首都大学東京で試合が始まります。初回の攻撃はフォアボールで1死1・2塁とチャンスをつくるものの、4番岡本がダブルプレーとなり得点できません。しかし、続く2回表には1死から6番福地がレフト前ヒットとレフトのエラーで2塁へ出塁します。その後2死1・2塁となり、9番大橋がレフト前ヒットで繋いで2死満塁として1番林を迎えます。ここで林がライトオーバーとなるタイムリースリーベースヒットを放ち、3点を先制します。

こちらの先発投手は伊藤です。3回裏に3本のツーベースヒットを打たれますが、キャッチャー飯塚の盗塁阻止のおかげもあり1失点で切り抜けると、そこからは無失点の好投を見せます。

これに呼応するように打撃陣は6回に女房役の飯塚のツーベースヒットなどで2死満塁を作ると、1番林が押し出しのフォアボールを選びこの日4打点目を稼ぎます。さらに8回には2死から8番岩本がレフト前ヒットで出塁し、代打糟谷がフォアボールで2死1・2塁とチャンスを作ります。ここでまたも1番林を迎えるとセンター前ヒットを放ち、この試合の全得点となる5打点目を叩き出します。

中盤、終盤となんとか1点ずつを加えることが出来ると、伊藤も無安打のイニングは初回だけでしたが1失点完投で今季初勝利を手にしました。

これでリーグ戦の成績を1勝2敗となりました。前を向けた状態で翌日の淑徳大学埼玉戦へ繋ぐことができました。part2へつづく・・・。