中秋の名月に微笑まれず・・・。

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

先日の9/27(日)に行われた、東京学芸大学の試合を振り返りたいと思います。

先攻は東洋学園大学、後攻は東京学芸大学で試合が始まります。昼時まで降った雨の影響もあり、シートノック無しでした。

東洋学園大学の初回の攻撃は2番岩浅が出塁するものの、3番福士がダブルプレーとなり三者凡退で始まります。あまり良くないスタートの中、先発マウンドには4年生の伊藤が上がります。先頭バッターをデッドボールで出すと、続くバッターにもフォアボールを与えてしまい、制球が定まりません。無死1・2塁から2者連続で打ち取るものの、さらにフォアボールを与えて2死満塁としてしまいます。ここで6番バッターをセカンドライナーに打ち取り、何とか失点を防いだものの不安定な立ち上がりとなってしまいました。

続く2回表の攻撃では、1死から尾関がフォアボール、続く福地がレフト前ヒット、さらに飯塚がデッドボールを受け、1死満塁のチャンスをつくり、ここで2年生の岩本が打席に入ります。迎えた1ボールからの2球目、しっかりと叩いた打球は高々と上がり、レフと頭上を悠々と越す満塁ホームランとなります!この回、幸先良く4点を先制し、序盤から試合を動かします。

しかし、その後すぐ2回裏には先頭から2者連続のフォアボールを出すと、送りバントを決められ1死2・3塁とピンチを招きます。ここで1番に打順が回り、センター前ヒットとツーベースヒットを打たれ3点を返されてしまいます。

3回はお互いにランナーを出すものの得点を奪えません。4回表には1死からフォアボールで飯塚が出塁すると、さらに四球と死球が重なり1死満塁として1番林を迎えます。林が打ち上げた打球はレフトやや後方へ上がり、犠牲フライとなり1点を追加して5対3とリードを広げます。

さらに5回表には、先頭の福士がフォアボールで出塁すると、続く岡本がライト前ヒット、さらに尾関がデットボールで無視満塁のチャンスをつくります。しかし、ここの尾関の打席で頭部付近に2球連続のストレートが続き、この2球目に関しては頭に当たるところを肩でかばったせいで、肩を痛めてしまいます。無死満塁から福地が押し出しのフォアボールを選び1点を取り、さらに続く飯塚がライトへタイムリーヒットを放ち2点を奪い、この回3点を追加して8対3と大きくリードします。

しかし、またしても得点後すぐの5回裏に、先頭に与えたフォアボールを皮切りに、セーフティバントと長打で2点を奪われてしまい8対5とされます。

一つ区切りをつけて6回表を迎え、この回に2番岩浅のヒットと3番福士のヒットで1点を取り、9対5とリードを広げます。6回裏からは1年生の近藤がマウンドに上がり、無失点で抑えます。伊藤は5回5失点で勝ち投手の権利を持ってバトンを繋ぐことになりました。

しかし、7回裏に試合が大きく動きます。先頭の9番打者にフォアボールを与え、嫌な形でンナーを出すと、1死後にフォアボール、ヒット、ツーベースヒット、フォアボール、ツーベースヒットと4点を返されてしまい、9対9と試合を振り出しに戻されてしまいます。なおも2死2塁という場面でピッチャーを代え、1年生の松永忠がマウンドに上がります。ここを三振で切り抜け、逆転はさせません。

続く8回表、フォアボールと相手エラーで2死満塁のチャンスをつくるものの、4番岡本がショートゴロに打ち取られ得点を奪えないでいると、8回裏には2死から2個のフォアボールを与えて2死1・2塁のピンチを招いてしまいます。ここで迎えた3番バッターに変化球を泳がせるも粘り強くレフト線へヒットを運ばれてしまいます。この打球をレフトの林がスライディングキャッチでボディストップをしますが、2塁ランナーが生還し9対10と逆転されてしまいます。ここで1塁ランナーが3塁を狙いサードでクロスプレーとなりますが、ベースよりも少し前の方でヘッドスライディングしてくるランナーの顔にタッチする形になりますが判定はセーフ。2死2・3塁とピンチが続いてしまいます。その後フォアボールを与えるものの、なんとか粘り1点で切り抜けます。

後が無い9回表、先頭の尾関がフルカウントから粘ってフォアボールを選び1死1・2塁とチャンスを作ります。ここで途中出場の8番比嘉が三遊間よりのショートゴロを打ち、相手守備がゲッツーを狙いますが、途中出場のセカンドが1塁へ悪送球となりエラーで1点をもらいます。この場面で10対10と同点にします。さらに9番糟谷がフォアボールを選び、2死1・2塁のチャンスで1番林を迎えます。相手投手が投じた2球目がワンバウンドし、2塁走者の比嘉が3塁へ進塁しますが、1塁走者の糟谷が遅れてスタートを切り2塁でタッチアウト。痛い判断ミスとなり逆転とはなりません。

1点も与えられない9回裏、選手たちが守備位置につくと、ここで審判がベンチに歩み寄り、「3時間を越えてしまったので、このイニングで終わりにします。」という宣告をされてしまいます。引き分けか負けしかなくってしまったこの状況で、先頭バッターにツーベースヒットを打たれてピンチを迎えてしまいます。さらに続くバッターにフォアボールを与えてしまい、無死1・2塁のピンチを広げてしまいます。何とかしたいバッテリーは、ここで全バッターとの勝負を選びます。しかし、8番バッターの時、ワンバウンドのボールで進塁され、無死2・3塁とされると、外角に構えたミットに対してストレートが逆球となり、後ろへ逸らしてしまいます。キャッチャーの大橋が滑り込みながらピッチャーの松永に送球すると、クロスプレーとなりランナーはアウト。ヒヤッとする場面となりました。それでもアウトカウントを1つ増やして1死2塁とすると、気持ちを立て直せたのか、松永が力のあるストレートで三振を奪い2死2塁とします。ここで迎えた9番バッターをショートへのフライに打ち取りゲームセット。

全部で3時間超となった乱打戦は、明るい月の下でお互いにとって痛い引き分けとなりました。こちらからは18個の四死球、学芸大からは15個の四死球、合わせて33個の四死球が出る大荒れの試合となりました。

これで前半戦を終えて2勝2敗1分となりました。5勝0敗の高千穂大を筆頭に、3勝1敗1分の学芸大、2勝2敗の日大生物を追うような苦しい展開ですが、残りの試合を取りきって望みを繋げるよう、今週また頑張り直します。今週末は10/4(日)に首都大学東京と淑徳大学埼玉グラウンドで1試合です。必ず勝利を手に取り、諦めない姿勢を貫きますので、今後とも応援の程よろしくお願い致します。