3つ目の黒星

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

先日の10/4(日)に行われた、首都大学東京戦の試合を振り返りたいと思います。

先攻が首都大学東京、後攻が東洋学園大学で試合開始です。こちらの先発は4年生の伊藤です。立ち上がりの初回、先頭打者をフルカウントから粘られてフォアボールで出してしまうものの、後続を断ち切り得点を与えない上々のスタートをきります。その後は三者凡退は取れないものの、4回まで無失点で投げます。

バッター陣はというと、3回裏までを9人で攻撃が終わってしまい、攻撃の形を作ることが出来ませんでした。しかし、4回裏に1死から2番岩浅がセンター前ヒットで出塁し、この試合初ヒットを記録します。続く3番福士が左中間に大きなあたりを放ちますが、相手センターがランニングキャッチの好捕をし、チャンスを広げられません。それでも続く4番岡本の打席で岩浅が盗塁を決めて2塁に進み、さらに岡本がデッドボールをあたり2死1・2塁となります。ここで5番尾関を迎えると、2塁ランナーの岩浅が初球に盗塁を決めて2死1・3塁と大きなチャンスにします。このチャンスで尾関はセンターラインへのライナー性のゴロを打ちますが、相手ショートが飛びついてキャッチし、アウトにされてしまい得点を奪えません。しかもここまで、1番林のセカンドフライを皮切りに、途中の牽制死を除くと4回2死まで10個連続でのフライアウトが続くという、良くない形でのアウトが続いてしまいました。 

攻撃の良くない流れの中、5回表に先頭バッターをヒットで出塁させてしまうと、送りバントで1死2塁とピンチになりクリーンアップを迎えます。3番バッターのセカンドゴロがイレギュラーし、送球ミスとなると1死1・3塁のピンチから4番に大きな犠牲フライを打たれ、1点を先制されてしまいます。それでも後続をなんとか打ち取り、1点で凌ぎます。

追いつきたい攻撃では、6回表に1死からまたも2番岩浅がヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決めて1死3塁とします。ここで3番福士がセンターへタイムリーヒットを放ち同点に追いつきます。しかし、出塁した福士が牽制で刺されてしまい、その後のヒットが繋がらずに得点できません。

迎えた7回表、ここまで投げてきた伊藤が2死から4番にツーベースヒットを打たれて2死2塁のピンチを作ると、5番にレフト前ヒットを打たれてしまいます。ここでレフトの岩本からショートの岩浅へ正確に繋ぎ、ホームクロスプレーになるとキャッチャーの飯塚がナイスブロックを見せて得点を与えません。

ピンチを凌ぎ得点を奪いたい7回裏、1死から先ほど好返球を見せた岩本がフォアボールで出塁すると、代走で比嘉が出場します。そしてすかさず初球に盗塁を仕掛けて成功すると、8番飯塚が右方向へゴロを転がすとファーストが捕球できずゴロを逸らします。しかし、ここで逸らした打球がファーストの足に当たると、打球がセカンド正面へ飛んで行きバッターランナーがアウトになってしまいます。それでも2死3塁で9番大橋を迎えますが、フルカウントから空振りの三振で得点を奪えません。ここまで両先発投手が7回1失点と粘りの投球を見せます。

ここまで粘った伊藤に代わり、8回表に3年生の鈴木がマウンドに上がります。1年ぶりに2部のマウンドに戻ってきた鈴木ですが、先頭バッターをフォアボールで出すと、その後にアウトを挟みながら連続ヒットを打たれ2死満塁のピンチを迎えてしまいます。何とか粘りたい鈴木でしたが、2番バッターに対して初球にデッドボールを当ててしまい逆転を許すと、続く3番バッターにはフォアボールを与え2点を取られてしまいます。1対3となったところでピッチャーを1年生の松永忠に切り替えますが、松永も力んだのか、一人目の初球にデッドボールを当ててしまうと、続く打者にはフルカウントからフォアボールを与え、さらに2点を与えてしまいます。それでもなんとか6番バッターをサードゴロに打ち取りチェンジとします。

1対5と4点リードを広げられて迎えた8回裏、先頭の1番林がフォアボールで出塁しますが、牽制で刺されてしまいチャンスを作ることができません。それでも2番岩浅がサードの送球エラーで2塁に出塁して、この3回目の出塁をしすることでチャンスを作ります。このチャンスで3番福士を迎えますが、変化球に合わせたバッティングをしてしまい、ライトへのフライアウトになってしまいますが、2塁ランナーの岩浅がタッチアップを決めて2死3塁とします。ここで4番岡本がフォアボールを選び2死1・3塁とします。また、この岡本に代わって能村が1塁に代走で出場します。なんとか点を撮りたい場面で5番尾関が初球から積極的に振りに行き、バットを折りながらも三遊間を抜くレフト前ヒットで1点を返します。なおも2死1・2塁のチャンスから2塁ランナーの能村が盗塁を決めて2死1・3塁としますが、6番福地が空振り三振で1点止まりとなります。

9回表を松永が三者凡退で切って返ってくると、打線は先頭の7番比嘉がフォアボールで出塁し2球目にスタートを切ると、8番糟谷が甘く入った変化球を振り抜き右中間へのタイムリーツーベースヒットを放ちます。3対5と2点差まで詰め寄るものの、後続を3人討ち取られてゲームセット。3対5で試合終了です。

これで優勝の可能性がほぼ無くなってしまいました。それでもリーグ戦は残り4試合あります。4年生は何を後輩に残せるのか、そしてここまで積み上げてきたものをどこまで発揮できるのか。3年生以下はこのリーグ戦で何を学べるのか、何を積み上げていけるのか。メンバーに入れなかった選手は、なぜ入れなかったのか、どうすればよいのか、今チームのために何が出来るのかをよく考えながら行動をしてほしいと思います。

部員数が増えてきたおかげで戦力に厚みが出て活気が出てきた分、チームで口を揃えている「一体感」という言葉を実現することが難しくなってきた気がします。それでも一人ひとりが同じ方向を向き、一人ひとりが出来ることを全力で取り組んでいくことが、個人と組織を成長させるために必要なことです。ベンチに入れなかった選手はチームが勝てるように全力で応援すること、ベンチに入っている選手は入れなかった選手たちに恥ずかしくないよう全力でプレーすること、入れなかったからといって何もしない選手は必要ありません、入れているからといってあぐらをかいている選手も必要ありません。普通に考えたら当たり前のことを当たり前にやること、自分たちで決めたチームスローガンである「凡事徹底」を今一度見つめ直し、組織人として成長しながら、好きな野球に取り組んでほしいと思います。残り試合あとわずかですが、少しでも成長した東洋学園大学硬式野球部をお見せできるように取り組んでいきますので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。