秋季リーグ戦後の活動状況報告・・・。

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

更新が一ヶ月近くぶりになってしまいました。大変申し訳ございません。

野球部はというと、リーグ戦が終わってからは、多少のオフを挟んでから練習を再開し、筋力系のトレーニングを毎週火曜日と木曜日の週2日にするなどして、練習のリズムを変えてきました。12/5(土)には千葉商科大学とオープン戦を行いましたが、結果は2対2の引き分けでした。

この冬の目的は、来春に2部全勝優勝して1部昇格できるように、基本的な体作りをすることです。また、秋には1部で戦っていけるような、しっかりとした土台作りのためのトレーニングに個々が臨まなければいけません。特に冬場の練習はやらされることよりも、自らやらなければいけないものが多く、個人の意識や取り組みによって、成長に大きな差が開く期間です。ボールを使わない練習が多くなる中でも、一つひとつの練習が野球をする上でなぜ必要で、どこに繋がるのかを理解しながら練習に取り組んでくれるよう期待しています。

そんな中、先週末の12/5(土)には、首脳陣と大学職員、そして上級生の保護者様方とお疲れ様会を開き、12/6(日)には第4回少年野球教室を行いました。まずは12/5(土)に行われたお疲れ様会からご報告いたします。

東洋学園大学硬式野球部は、リーグ戦を含めて試合観戦に足を運んでくださる保護者の方々が多いなど、選手だけでなく周りにいる方々の熱が強いということも特徴の一つです。そこで、選手の親御さんたちから普段聞くことのできない野球部へのお話をいただいたり、普段見ることができない子供たちが学校やグラウンドでどのように活動しているかを含めてご報告するなど、お互いに親交を深める機会を設けたいということで開催させていただきました。また、保護者様同士の繋がりを大切にしていただくことで、大学野球を通じて新しい人脈を広げていただければと思います。

お疲れ様会は18時30分より開催され、高校時代から馴染みのある保護者様方や、大学で新しく繋がりを持つことができた保護者様方などを中心に大いに盛り上がりました。この会には、澁谷部長をはじめ、光川監督や加村コーチ、佐藤コーチの首脳陣と、創部当時からお力添えいただいている名カメラマンの橋本様や、学生の課外活動を支えてくださっている町田様など大学職員の方々、そして上級生の保護者様7名にご参加いただいき、総勢13名と少人数ではございましたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。ご参加いただいたみなさん本当にありがとうございました。また、今回ご参加いただけなかった方々につきましても、今後このような機会を設ける際にご参加いただければ幸いです。 IMG_3894.jpg

今年卒業予定の4年生は全部で8名おります。卒業後も選手たちだけでなく、保護者様方の繋がりも大切にしていただけると喜ばしい限りです。野球部としましても、グラウンドに足を運んでいただけるような応援されるチームであり続けられるよう頑張りますので、今後とも応援の程よろしくお願い致します。

次は12/6(日)に行われた少年野球教室に続きます!