2016年春季リーグ開幕~白星発進~

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

とうとう先週末の4/9(土)から、東京新大学野球連盟の2部リーグが開幕しました!初戦は、新たにグラウンドを全面人工芝にリニューアルした、駿河台大学さんのグラウンドで迎えました。なんとも素晴らしいグラウンドです!

本学の試合は第二試合で、初戦の相手は日本工業大学です。先攻が日本工業大学、後攻が東洋学園大学で試合開始です。

まず先発のマウンドに上がったのは2年生の近藤です。先頭バッターをフォアボールで歩かせてしまい、さらには送りバントとヒットでピンチを迎えるものの、セカンドフライと盗塁阻止でピンチを無失点で切り抜けます。 0409近藤.jpg

※4回1失点の近藤

無失点で切り抜けた1回裏、1番比嘉が7球目をセンター前ヒットとし、無死から出塁します。2番岩浅がきっちりと送りバントを決めて1死2塁とチャンスを演出しますが、後続が続かずに得点を奪えませんでした。

0409比嘉.jpg

※ヒットを放つ比嘉

2回裏には、5番千田がレフト前ヒットで出塁し、髙橋が送りバントを決め、再び1死2塁のチャンスをつくります。続く福士が打ったライトフライで千田が3塁へタッチアップを成功させ、2死3塁となります。8番岩本がフォアボールを選び2死1・3塁とすると、9番大橋がライト前にタイムリーヒットを放ち先制します。

さらに、初回にヒットを打った1番比嘉がライト前ヒットを放ち2死満塁とすると、2番岩浅がライト頭上を越えるスリーベースヒットを放ち、さらに3点を追加します。

0409大橋.jpg

※猛打賞の大橋

4回表にはヒットとエラーが重なり1点を返されてしまうものの、キャッチャー大橋が本日2度目の盗塁阻止でチャンスを与えません。5回表から3年柴田がマウンドに上がりランナーを許しながらも粘って投げると、6回表には岡本が左中間にソロホームランを放ち1点を追加します。7回表にフォアボールからスクイズで1点を返されますが、その裏には大橋のこの日3本目となるヒットを皮切りに、岩浅のタイムリーツーベースヒットと岡本のタイムリーヒットで2点を追加して相手を突き放します。この回には、岡本の代走として1年の古牧が公式戦初出場を果たしました。

8回表には嫌な流れを断ち切るべく4年の山田がマウンドに上がります。山田は昨年まで背番号26でしたが、昨年の伊藤から背番号1を引継ぎ、1番として初めてのマウンドに上がります。最上級生の自覚を持って上がったマウンドでは先頭の4番を空振り三振に切って取り、5番と6番もねじ伏せる完璧なリリーフを見せます。

0409山田.jpg

※貫禄の投球を見せる山田

9回表は1年生の佐野が公式戦初マウンドに上がり、5球で3アウトを取りゲームセット。ストライク先行の安定した投球を見せてくれました。無事に初戦を7対2の白星で飾ることが出来ました。 0409集合写真.jpg

※7対2で試合終了

入学当初から主力として戦ってきた学年が最上級生となった今、初戦を見守る光川監督の目にも自信が溢れているのがわかります。

0409光川監督.jpg

※初戦白星スタートの光川監督

この試合では2人の1年生が初出場を果たし、全学年の選手がフィールドに立ちました。どの学年にも、どの選手にもチャンスがあるということを自覚し、残りの2ヶ月間で1人でも多くの選手に出場してもらいたいと思います。

まずは1勝しました。残り9試合全て勝てるよう、一戦必勝で戦っていきますので、今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

それではまた来週(^^)/~~~