やっぱり野球は基礎が大事

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

先週末の4/16(土)と4/17(日)には、春季リーグ戦が行われました。まずは4/16(土)に行われた、対東京学芸大学戦から振り返っていきます。

先攻は東洋学園大学、後攻は東京学芸大学で試合開始です。1回表の攻撃では、1番比嘉が粘って四球で出塁すると、2番岩浅が一球で送りバントを決めて1死2塁のチャンスをつくります。続く3番尾関の打席で比嘉が三塁へ盗塁を決めてチャンスを広げ、さらに4番岡本の打席の一球目がワイルドピッチになると比嘉が生還して1点を先制します。

0416先制点比嘉.jpg

※先制得点となった比嘉

1回裏、先発のマウンドには3年柴田が上がります。先頭バッターにレフト前ヒットを打たれ、続くバッターに四球を出してしまい、嫌な流れで無死1・2塁とピンチを招いてしまいます。迎えた3番バッターに制球が定まらないまま投じた3球目は高めに行ってしまい、詰まらせたもののライト線に落ちる先制タイムリーヒットとなり、同点に追いつかれてしまいます。さらに1死1・3塁から4番バッターには変化球をライト頭上に運ばれるものの、ライト千田の好判断で1塁ランナーを釘付けにし、バッターランナーを1塁でストップさせました。その後内野ゴロの間に1点を奪われ、1対3と2点のリードを許してしまいます。

2回裏にはすぐさま近藤がリリーフでマウンドに上がり、なんとか抑えるものの、4回裏には3個の四球が絡み、ライトへの犠牲フライで1点を奪われてしまいます。

追いつきたい攻撃陣は、5回表に2番岩浅がサードエラーで出塁すると、続く3番尾関が死球を受け無死1・2塁のチャンスをつくります。ここで4番岡本が2球目を振りぬくと、打球は右中間へ落ち、1点を返すタイムリーヒットとなります。

0416岡本.jpg

※タイムリーヒットを放つ岡本

得点を奪った直後の5回裏、近藤が先頭バッターに四球を出したところで山田にスイッチします。無死1塁からのリリーフとなるものの、6番バッターを三振に取ります。しかし、続く7番がエラーで出塁し、8番バッターにライト前ヒットを打たれ1死満塁のピンチを招きます。それでも今季の山田は落ち着いて投げ、9番バッターをショートゴロのダブルプレーに打ち取り得点を許しません。

何とか得点を奪いたい攻撃陣は8回表に意地を見せます。先頭の6番髙橋がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く7番福士が四球を選び、8番岩本がきっちりとサードへ送りバントを決めると、この送りバントの送球をファーストが逸らして1点を返し、尚も無死2・3塁とチャンスが続きます。その後1死満塁となったところで2番岩浅が放った打球はレフトへ上がり、3塁ランナーの福士が生還して同点に追いつきますが、岡本の代走で出た古牧が三塁憤死でチェンジになってしまいます。

0416終盤同点.jpg

※同点の生還を果たす福士

8回裏からは1年佐野が登板し、ランナーを出しながらも粘って得点を与えず、試合は延長戦に入ります。10回表に先頭の6番髙橋がピッチャーのグラブをかすめるセンター前ヒットで出塁すると、7番福士がきっちりと送りバントを一球で決めて1死2塁のチャンスをつくります。しかし、代打塚本が三球三振に倒れ、続く9番大橋もセンターフライに打ち取られ得点を奪えません。

0416ピンチを切り抜ける.jpg

※9回裏を抑えて戻ってくる選手たち

すると10回裏、セカンドゴロとキャッチャー大橋の盗塁刺で2死を取るものの、内野安打とレフト前ヒットで2死1・2塁のピンチを招いてしまいます。初回にヒットを打たれている1番バッターを迎えたため、1塁への牽制を挟んだところ、1塁への牽制が悪送球となりボールデッドとなると、2塁ランナーが2個の進塁を許され、思わぬ形でサヨナラとなってしまいます。

0416佐野.jpg

※リリーフした佐野

開幕2戦目に黒星を喫してしまいました。対戦校とお互いに複数のエラーをしてしまい、それぞれが得点に繋がってしまいました。また、お互いに9個の四死球を与えており、不安定なゲーム展開であったことは間違いありません。

その中でも我々が負けた理由は、同じ回に四死球を重ねてしまったことや、牽制という投内連携をしっかりとできなかったことが挙げられます。また、野手は難しい判断の中でのエラーやナイスプレーもありましたが、しなくても良いミスをして負けたということを受け止めて、基礎練習を見直す良い機会になりました。

選手たちも口々に挙げていた、今日の反省をどう活かすかが大切になってくるという言葉に対し、どのような練習に取り組み、どのように改善していくかに期待していきます。

次は4/17(日)に行われた日大生物戦に続きます。