切り替えて無事勝利!!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

先ほどのブログに続き、4/17(日)に行われた日大生物戦を振り返っていきます。

先攻が日本大学生物資源科学部、後攻が東洋学園大学で試合開始です。

先発のマウンドに上がったのは、昨日悔しい思いをした柴田です。先頭バッターに死球を当ててしまいますが牽制でアウトとします。2死からエラーと四球で2死1・3塁とピンチを招くものの、5番バッターをフルカウントからの空振り三振に切って取りピンチを切り抜けます。

2回以降はしっかりと修正し、5回を被安打2四死球2で無失点と好投を見せます。

0417柴田.jpg

※先発で好投した柴田

打撃陣はというと、3回裏に1死から2番岩浅が内野安打で出塁して盗塁を決めると、3番尾関と4番岡本が連続で四球を選び1死満塁とします。このチャンスで5番千田が詰まりながらもセンター前にヒットを運び1点を先制すると、続く6番髙橋が三遊間を破るタイムリーヒットを放ち、さらに1点を追加します。さらに5回裏には2個の四球とエラーからチャンスをもらい、ワイルドピッチと大橋のタイムリーヒットで2点を追加します。

6回表には今季初登板の3年渡辺がマウンドにあがり、緊張からか先頭バッターに死球を当ててしまいます。しかし、続く4番バッターをショートゴロのダブルプレーに打ち取り、さらに5番バッターもショートゴロに討ち取って三者凡退で抑えます。

0417渡辺.jpg

※今季初登板の渡辺

すると6回裏には、2死2塁の場面で5番千田の痛烈なライナーをライトがはじき1点を追加すると、続く6番髙橋がセンター頭上を越すスリーベースヒットを放ち、さらに1点を追加します。6点差としたところで相手投手が代わり、迎えるバッターは7番福士です。ここまで良い当たりが出るもののヒットとならず、苦しい思いをしてきた福士ですが、しっかりと叩いた打球はグングンと伸び右中間フェンスをワンバウンドで越すエンタイトルツーベースヒットとなります。やっと出た1本のヒットが7点目となる貴重なものとなりました。

0417福士.jpg

※今季初安打の福士

7点差とした7回表、今季初登板となる3年加藤がマウンドに上がります。ストレートでグイグイ押して簡単に2死にするものの、8番バッターに対してフルカウントから四球を出してしまいます。続く9番バッターが一二塁間に打った打球をセカンドの比嘉がはじいてしまい、2死1・3塁のピンチを招きます。それでも1番バッターをライトフライに打ち取りゲームセット。7対0の7回コールド勝利となりました。

0417加藤.jpg

※今季初登板の加藤

これで2勝1敗となりました。新しい戦力を試しながら1勝できたことはとても大きかっただけではなく、先発の柴田が試合の中で修正をしてゲームをつくれたということも大きな収穫となりました。また、チームを勝利に導くのは試合に出ているプレイヤーだけではなく、腐らずにチームを支えてくれている選手がいるからだとわかる場面にも出会えました。

サードランナーコーチの清水です。春のオープン戦では主に代打で結果を残してきました。試合中には大きな声で盛り上げるだけでなく、空いている時間があれば素振りもキャッチボールもしており、いつでも試合に出られる準備をしています。中々出場機会に恵まれてはいませんが、それでも自分の役割をこなし、虎視眈々とチャンスを狙っている清水に期待したいと思います。

こういった自分の役割に真っ直ぐと向き合えている選手がいる時のチームは簡単に崩れません。フィールドプレイヤーたちは、こういった選手たちの代表であることに責任を持ち、気の抜いたプレーをすることなく全力を尽くしてもらいたいと思います。また、支えている選手たちは少しでも隙があれば試合に出られる準備を怠らず、チーム全体に良い影響を与えてほしいと思います。

今週末は4/23(土)に駿河台大学と第2試合で戦います。場所は首都大学東京グラウンドです。対戦相手も死に物狂いで勝ちに来ると思うので、なんとしても勝てるように全部員で戦っていきます。応援の程よろしくお願いいたします。

0417清水.jpg

※威風堂々の清水