日大生物戦の振り返り

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です\(^^)/

先日のブログ更新に続き、今日も更新します。今回は5月8日に行われた、日大生物資源科学部との第2戦です。先攻は東洋学園大学、後攻は日大生物資源科学部で試合開始です。

この日も初回からゲームが動きます。2死から粘って四球で出塁した3番福士が盗塁を決めて4番岡本がセンター前ヒットを放ち、幸先良く1点を先制します。

1回裏、先発のマウンドには3年柴田が上がります。1死からヒットを許すものの、3番バッターをセカンドゴロのゲッツーに打ち取り、三者凡退という上々の立ち上がりを見せます。

柴田の好投に応えたい打線は迎えた3回表、先頭の岩浅が右中間へのスリーベースヒットで出塁すると、続く3番福士が初球をライト後方へ打ち上げます。これが犠牲フライとなり、1点を追加します。1死ランナー無しになった場面から怒涛の攻撃が始まります。

0508岩浅.jpg

※スリーベースヒットを放った岩浅

まずは4番岡本が左中間へ特大の2号ソロホームランを放ち2点目を奪うと、続く5番髙橋が内野安打で出塁して6番千田に繋ぐと、ここで千田がやや詰まりながらも逆方向であるライトへ1号ツーランホームランを放ち4点目を奪います。

0508千田.jpg

※嬉しそうな千田

さらに2死走者無しとなった後、8番岩本がレフトポール際に1号ソロホームランを放ち5点目を奪います。この回、まさかの3本もホームランが飛び出し、6対0とリードを広げます。

先発した柴田は、4回に3本のヒットで1点を失うものの、5回1失点と勝ち投手の権利を持って後続に託します。6回裏を2年近藤がなんとか抑えて繋ぐものの、3番手の4年山田が四球と連携ミス、エラーで2点目を返されてしまい、6対2にされます。

それでも8回表、ここまで立ち直った相手投手を捕らえきれずにいたところ、途中出場となった4年尾関が1死走者無しから左中間へ第1号となる特大のソロホームランを放ちダメ押しをします。尾関にとってはこれが今季初ヒットとなり、貴重な追加点となりました。この1本をきっかけにヒットが量産されることを期待したいと思います。

0508コーチング.jpg

※打席に入る前に佐藤コーチとスイングの確認をする尾関

1点を追加し7対2と点差を広げた8回裏、山田が引き続きマウンドに上がりますが、1死からヒットでランナーを許すと、さらにもう1本ヒットを打たれたところで連携ミスが出てしまい、1点を返されてしまいます。それでもなんとかこの1点で切り抜けて、7対3で最終回に繋ぎます。

9回裏は2年松永忠がマウンドに上がり、それと同時に2年上野が今季2度目のマスクを被ります。先頭の2番バッターを三振に切り、3番バッターをサードライナー、そして4番バッターを粘られながらも空振り三振に切ってゲームセット。7対3で5勝目を挙げることができました。

この日は東洋学園大学のグラウンドだったこともあり、たくさんの方々に応援に来ていただきました。暑い中、本当にありがとうございました。

これで今季は現在5勝2敗で単独2位という状況です。1位を走る東京学芸大学と今週末に対戦します。なんとしても勝って、相手にプレッシャーを与えたいと思います。今後とも応援の程、よろしくお願いいたします。

来週はブログの更新ができないため、再来週の更新になりますがご容赦ください。最後に光川監督の大きな背中でお別れしたいと思います。それではまた再来週\(^^)/~~~

0508光川監督.jpg