近況報告と卒業生の活躍!!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)♪

更新が久しぶりになってしまいました。近況の報告をいたします。

9/4(日)に秋季リーグ戦の初戦を首都大学東京と戦いました。結果は2対4で負けてしまい、黒星スタートとなりました。9/10(土)には駿河台大学と戦い、延長14回激闘の末、1対1の引き分けでした。これで現在0勝1敗1分です。今週末は連戦となります。まずは1勝挙げることを目標とし、さらに連勝できるように頑張ります。

さて、前回2期生主将だった卒業生の林が西武プリンスドームで活躍してくれましたが、今回は1期生でエースだった葛野智史と、2期生で内野手の要だった佐藤和亮が西武プリンスドームで活躍してくれました!

2人が出場したのは東京ビルメンテナンス協会主催の第90回東京ビルメンテナンス協会野球大会です。

まず1期生だった葛野智史は、鹿島建物総合管理株式会社の先発投手として3位決定戦のマウンドに上がり、試合開始の初球をバックネットに突き刺すという離れ業を披露しながらも勝利投手として活躍してくれました。

次に2期生だった佐藤和亮は、サニクリーン東京で2番セカンドとして出場し、打撃成績は振るわなかったと自分で言ってはいたものの、準優勝に貢献しました。

image3.JPG

※空振りする佐藤和

まさかの再会に二人とも驚いたものの、連盟加入当初から活躍してくれた二人がこうして同じ大会に出ていたことは感慨深いです。次は決勝戦で戦ってもらいたいと思います!

普段は社会人として働き、週末に野球をするという生活は大変だと思いますが、それでもこの笑顔を見ると楽しく野球できていることが伝わっていると思います。これからも野球を好きでいながら続けていってほしいと思います。次に活躍を見せてくれるOB・OGは誰だか気になりますね!

それではまた来週(^^)/~~~

1473690104617.jpg

※1期生葛野(左)と2期生佐藤和(右)