現在4勝2敗1分~残り3試合~

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)♪

最近は急に寒くなりましたね。体調管理には十分お気をつけください。

さて、先日行われた2試合を振り返っていきます。まずは10/9(日)に行われた駿河台大学との一戦からです。

先攻は東洋学園大学、後攻は駿河台大学で試合開始です。

試合は両投手の好投が光り、中々得点を奪えず進んでいきます。二塁まではお互いにランナーを勧めるものの、三塁ベースを踏むことができません。

しかし、迎えた7回表の東洋学園大学の攻撃で先頭の4番岡本がセンター前ヒットで出塁すると、1死から6番山崎(海)がライト前ヒットを放ち、さらにここまで2安打の7番大橋がデッドボールで1死満塁のチャンスを迎えます。ここで三塁走者である岡本に代わり、4年生の能村が代走で起用されます。このチャンスで8番比嘉が1ボール2ストライクから打った打球はサードへ...。結果はホームゲッツーで得点を奪うことができませんでした。

するとその7回裏、相手の5番バッターにレフトへツーベースヒットを許し、さらにデッドボールと内野ゴロで2死2・3塁のピンチを迎えます。それでも柴田は粘り強く投げ、代打をライトフライに抑えて得点を与えません。

その後、東洋学園大学は9回表に2死3塁を10回表には2死2・3塁、そして13回表には2死1・2塁のチャンスを作りながらも得点を奪えません。チャンスでの一本を課題に挙げながら、中々克服することができませんでした。

好投を続ける柴田は9回裏にエラーが絡んで2死2・3塁のピンチを迎えても抑え、12回裏に2死2塁のピンチも抑えて来ました。しかし、13回裏、先頭バッターにフォアボールを与えてしまいランナーを出すと、その後送りバントとフォアボールで2死1・3塁のピンチを迎えます。5番バッターに投じた143球目、打球は無常にもサヨナラのセンター頭上を越えるヒットとなりゲームセット。第一戦と同様に延長戦にもつれ込むも、負けてしまいました。

続いて10/10(月)の体育の日に行われた、東京理科大学との一戦です。

今季2部に昇格してきたチームと初対戦となりました。先攻が東京理科大学、後攻が東洋学園大学で試合開始です。

試合は初回から動きます。フォアボールとワイルドピッチだけでなく、2本のヒットと2個のエラーが絡み、初回から8点を奪います。さらに、2回裏には先頭の4番岡本がもらったフォアボールを皮切りに1死2・3塁のチャンスをつくり、7番大橋がレフトへ2点タイムリーヒットを放ち2点を追加します。

序盤に10点のリードを奪うものの、先発の2年近藤が3回表に5本のヒットを打たれて3点を失ってしまいます。さらに5回表には2番手の3年渡辺が3本のヒットで2点を奪われてしまいます。

それでも5回裏、2個の四死球と岡本と森田のタイムリーヒットで2点を奪って12対5と7点リードとすると、1年佐野から2年松永忠と無失点リレーで抑えてゲームセット。12対5の7回コールド勝利を納めることができました。

これで4勝2敗1分となりました。自力優勝はなくなり、1位の駿河台大学の結果に左右される立場になりましたが、それでも残り3試合をどのように戦うのか、そして4年生は何を残せるかが大切になってきます。特に3年生たちは来年は自分たちが今の4年生の立場にいます。その時、どんな風に後輩たちに思われながら一緒に戦いたいかを考え、途中で投げやりになったり、諦めた姿勢で試合に臨むことなく、最後の1アウトまで全力を尽くして来年に繋げてもらいたいと思います。もちろん1・2年生も同様です。

リーグ戦は最低でも10月23日まで続きます。選手の一層の奮起を期待し、周りからも声をかけていただければ幸いです。今後とも応援の程よろしくお願いいたします。