GWが明けました!part2

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

続いて5/4(水)に行われた首都大学東京との試合を振り返っていきます。

先攻が東洋学園大学、後攻が首都大学東京で試合開始です。

試合は初回から動きます。まず1回表、2個の四球と4番松野のヒットで2死満塁のチャンスをつくり、6番大橋を打席に迎えます。カウント1ボール1ストライクからの3球目を強く叩くと、打球は三遊間を破り2点タイムリーヒットとなります。この後、2死満塁とチャンスを作り直すものの追加点を奪えません。

1回裏、先発のマウンドには2年相沢が上がります。先頭打者にヒットを打たれ、さらに四球とセーフティバントで無死満塁のピンチを迎えますが、ショートフライとセカンドゴロのゲッツーで得点を与えず、なんとか無失点の立ち上がりを見せます。

20170504aizawa.JPG

※今季初先発の相沢

ゼロ更新が続いた5回表、先頭の1番中村が左中間へツーベースヒットを放つと、2番比嘉が送りバントを決めて1死3塁とすると、さらに続く3番森田が四球で出塁して、1死1・3塁となり4番松野を迎えます。この場面で初球を力強く引っ張ると、打球はライトライン線を噛むタイムリーツーベースヒットとなり1点を追加し、なおも1死2・3塁とチャンスが続きます。ここで5番岩浅がライトへ犠牲フライを放ち、さらに1点を追加し、この回に4対0とリードを広げます。

20170504matsuno.JPG

※ツーベースヒットを放つ4番松野

20170504morita.JPG

※岩浅の犠牲フライで生還する森田

さらに7回表、先頭の5番岩浅がレフト線へのツーベースヒットで出塁し、6番大橋が1球で送りバントを決め、1死3塁から7番山崎(海)がレフトへ犠牲フライを放ち、綺麗な流れで1点を追加します。

  20170504kaito.JPG

※犠牲フライを放つ7番山崎(海)

8回裏、6回からリリーフとしてマウンドに上がっている近藤が、2連打で1点を失ってしまうものの、後続を抑えて最少失点で切り抜けます。

点を取られた直後の9回表、先頭の3番森田がライトへのヒットで出塁すると、4番松野の打席で代打3年上野がコールされます。この起用に上野が応え、ライトへのエンタイトルツーベースヒットを放ちチャンスを広げます。この後、5番岩浅の犠牲フライと、相手のエラーで2点を追加して7対1とリードを広げます。

20170504ueno.JPG

※ライトへのエンタイトルツーベースヒットを放つ上野

9回裏、2年佐野がマウンドに上がり、ヒットを1本打たれるものの無失点でゲームを締めて、7対1でゲームセット。3勝2敗で前半戦を折り返す形になりました。

20170504sano.JPG

※9回を締めた佐野

後半戦のpart3へ続く...。