GWが明けました!part3

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

GW中を報告するブログもこの3つ目が最後となります。それでは5/7(日)に行われた対日大生物資源科学部との試合を写真つきで振り返っていきます。

先攻は日大生物資源科学部、後攻は東洋学園大学で試合開始です。

1回表、先発のマウンドには3年近藤が上がります。先頭打者にフルカウントから四球を与えてしまいますが、後続を打ち取り無失点の立ち上がりを見せます。

20170507kondou.jpg

※先発5回無失点で勝利投手となった近藤

2回裏、先頭の5番岩浅が四球で出塁すると、6番大橋の送りバントと7番山崎(海)の内野ゴロで2死3塁と先制のチャンスを迎えます。ここで8番清水がライト前に先制のタイムリーヒットを放つと、さらに9番奥川、1番中村、2番比嘉と4連打を集めて3点を奪います。

20170507higa.jpg

※3点目となるタイムリーヒットを放つ比嘉

さらに4回裏には、先頭の7番山崎(海)がレフトへツーベースヒットを打って出塁し、暴投と内野ゴロで1点を追加します。

20170507kaito.jpg

※2本のツーベースヒットを放った山崎(海)

先発の近藤は5回までに内野のエラーや2個の四球でランナーを出しますが、ヒットを許さずに得点を与えません。5回を終えて4対0とリードして、近藤はマウンドを降ります。

6回表、今季初登板の4年吉田(大)は三者連続三振を奪う、最高のリリーフをします。

20170507d_yoshida.jpg

※今季初登板の吉田(大)

続く7回表、この回には今季初登板となる2年菅野がマウンドに上がります。初登板に気持ちが高まりコントロールが安定しませんが、MAX142km/hのストレートを武器に三振と2つの内野ゴロで三者凡退に抑えます。

20170507kanno.jpg

※初登板の2年菅野

さらに8回表、久しぶりの登板となる3年水野がマウンドに上がり、1個の四球を与えるものの、2個の三振を奪い無失点で繋いでいきます。

すると8回裏、好投する投手陣に応えるように打撃陣が奮起します。先頭の山崎(海)がこの日2本目となるツーベースヒットをライトに放ち、無死2塁のチャンスをつくると、8番清水に代わって代打の2年高嶋が左中間にタイムリ-ヒットを放ち1点を追加し、9番奥川に代わって代打の3年上野は初球をセンター前ヒットにして2試合連続のヒットを記録します。この後、2四死球で1点をさらに追加して6対0とリードを広げますが、7点目を奪うことができずにコールド勝利とはなりませんでした。

迎えた9回表、昨日と同様に2年佐野がマウンドに上がりますが、2個の四球とヒットを打たれてしまい1点を奪われてゲームセット。6対1で勝利したものの、勿体無い失点をしてしまいました。クローザーは心の整理も難しいポジションではありますが、この経験を通して成長していってもらいたいと思います。

次回の試合は、5/13(土)に首都大学東京と第2試合、5/14(日)に東京学芸大学と第1試合を戦います。場所は両日とも「さいたま市岩槻川通公園野球場(やまぶきスタジアム)」で行います。ぜひお越しください。

おまけ写真を1枚のせてお別れにしましょう!それではまた来週(^^)/~~~

20170507ohashi.jpg

※この試合で5人の投手をリードしたキャッチャー大橋