先週末の試合報告part1(対高千穂大学)

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

春のリーグ戦が終わりました。まとめ的なものはpart3でお届けします。

まずは5/27(土)に行われた対高千穂大学戦から写真つきで振り返っていきます!場所は東洋学園大学グラウンドで、先攻が高千穂大学、後攻が東洋学園大学で試合開始です。

1回表、先発のマウンドにはエースの柴田があがります。先頭の1番バッターを3球で追い込むものの、カウント2-2とした5球目、浮いた変化球をセンター前ヒットとされて先頭を塁に出してしまいます。さらに2番バッターには左中間へ打たれ、この打球をレフトの中村が体で止めに行きますが、イレギュラーで後逸してタイムリーツーベースヒットになってしまい、1点を先制されてしまいます。その後も3番バッターと4番バッターに連打を浴び、5番バッターに犠牲フライ、そして6番バッターにもタイムリーヒットを打たれて4点を失ってしまいます。

20170527shibata.jpg

※先発した柴田

その裏、すぐに点を返したい東洋学園大学の攻撃は、簡単に2死とされてしまうものの、3番比嘉がセンター前ヒットで出塁すると、4番松野がセンター前ヒットで続き、さらに5番岩浅が死球を受けて2死満塁とチャンスをつくります。しかし、ここで6番大橋はフルカウントまで粘るものの、空振り三振とチャンスを活かすことができませんでした。

20170527ohhashi.jpg

※6番大橋

初回こそ点を取られた柴田ですが、その後は低目を打たせるピッチングができ、2回から5回までを無失点に抑えます。

グラウンド整備が終わり、迎えた6回表、この回から柴田に代わり2年菅野がマウンドに上がります。先頭の6番バッターをフルカウントから三振に切って取り1死としますが、続く7番バッターにレフト前ヒットを打たれて、ランナーを出します。しかし、続く8番バッターのところで盗塁を仕掛けたランナーを大橋が刺して2死とします。ここを落ち着いて投げたいところでしたが、気持ちも投球フォームも空回りして浮いたストレートを8番バッターにセンター頭上を越えるホームランとされて、1点を追加されてしまい0対5とリードを広げられてしまいます。

しかし直後の6回裏、先頭の3番比嘉がセンターオーバーのツーベースヒットで出塁すると、4番松野に代わって代打上野が打席に立ちます。初球から狙い球を決めてフルスイングしていきますが、最後は厳しいところを突かれて三振してしまいます。それでも1死2塁から5番岩浅はライト頭上を越えるタイムリーツーベースヒットを放ち1点を返すと、続く6番大橋のセンター前ヒットでさらに1点を返します。その後、2死1塁となり8番清水を迎えます。カウント1-1から打った打球はセンターへライナーで飛んでいき、相手センターが飛びつきますが捕ることができずに打球はセンター最深部へ。ランナーの大橋が生還し、さらに清水も本塁を狙うもののホームでタッチアウト。しかし、この回3点を返し3対5と点差を縮めます。

20170527iwaasa.jpg

※タイムリーツーベースヒットを放つ岩浅

20170527shimizu.jpg

※タイムリースリーベースヒットを放つ清水

点を返した直後の7回表、菅野に代わり3年水野がマウンドにあがります。テンポ良くストライクを先行させていき、先頭の1番バッターを空振り三振に取った1死後、2番バッターにレフト前ヒットを打たれるものの、出したランナーが仕掛けた盗塁をキャッチャー大橋が2塁で刺殺して2死とします。続く3番バッターも空振り三振に切って取り、この回を三者凡退として流れを作っていきます。続く8回表も水野は無失点で抑え、2イニングを24球で片付けます。

迎えた8回表、先頭の5番岩浅が四球で出塁し、続く6番大橋の打席で盗塁を決めて進塁すると、大橋はライト後方へフライを放ち、2塁ランナーの岩浅がタッチアップを決めて1死3塁のチャンスを作ります。さらに2個の連続四死球で1死満塁のチャンスを作るものの、三振とショートゴロで得点を奪うことができません。

9回表には、好リリーフした水野に代わり、2年佐野がマウンドにあがります。佐野は先頭の8番バッターを見逃し三振に取ると、9番バッターと1番バッターをサードゴロに打ち取り、三者凡退で9回裏に繋ぎます。

3対5とリードされて迎えた9回裏、1死から3番比嘉が四球で出塁すると、代打で3年塚本が今シーズン初の打席に立ちます。初球から振っていきカウント1-1となった3球目、強打した打球は痛烈なライナーとなりますが、相手ピッチャーの右手に当たり、不運にも記録はピッチャーゴロとなり2死2塁となります。続く5番岩浅が空振り三振でゲームセット。3対5で敗れてしまいました。

20170527tsukamoto.jpg

※代打でピッチャーライナーを打った塚本

これで6勝3敗となり、翌日の対首都大学東京戦を残すだけとなりました。

part2へ続く...。