先週末の試合報告part2(対首都大学東京)

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

それでは続いてpart2です。グラウンドは東洋学園大学で、先攻が首都大学東京、後攻が東洋学園大学で試合開始です。

1回表、先発のマウンドには3年近藤があがります。先頭の1番バッターに四球を出すものの、3番バッターをゲッツーに打ち取り三者凡退の立ち上がりとなります。

20170528kondoh.jpg

※先発した近藤

続く2回表、先頭の4番バッターを四球で出すと、続く5番バッターに送りバントを決められ1死2塁のピンチを迎えます。6番バッターにセンター前ヒットを打たれて1死1・3塁になり、続く7番バッターを空振り三振に切って取り2死とします。しかし、8番バッターにセンター前ヒットを許し、1点を先制されてしまいます。

4回表、ここまで4四球と制球がまとまらない近藤に代わり、2年相沢がリリーフとしてマウンドに上がります。相沢は6番バッターから始まる相手打線を三者凡退に打ち取り、流れを変えていきます。

20170528aizawa.jpg

※4イニングリリーフした相沢

追いつきたい打線は4回裏、先頭の2番森田が相手エラーで出塁すると、続く3番比嘉が送りバントを決めて1死2塁のチャンスを作ります。続く4番岩浅に対する初球がワイルドピッチとなり1死3塁とすると、岩浅は相手投手に9球投げさせて四球を選びます。これで1死1・3塁とすると、5番大橋がレフト前ヒットを打ち、1対1の同点にします。

その後ゼロ更新が続いた7回表、ここまで好投してきた相沢が、2死3塁から3番バッターにライトへツーランホームランを浴びて、1対3と逆転を許してしまいます。

8回表には相沢に代わって3年水野が2日連続のリリーフとしてマウンドにあがり、ヒットとエラーでランナーを3塁まで進めるものの、何とか後続を切って無失点で繋ぎます。

点差を詰めたい8回裏、1死から4番岩浅がレフトへツーベースヒットを放ち出塁すると、2死2塁となって迎えた6番福島がライトへタイムリーヒットを放ち、1点を返して2対3とします。

1点差とした9回表、マウンドには水野に代わって2年佐野があがります。佐野は10球で三者凡退とし、9回裏の援護を待ちます。

20170528sano.jpg

※リリーフした佐野

9回裏、先頭の7番山崎(海)がストレートの四球で出塁し、さらに8番高嶋の送りバントが相手のエラーを誘い、無死1・2塁のチャンスとします。このチャンスを活かしたいところですが、9番奥川の送りバントは相手投手がサードへ送球してフォースアウトとし、1死1・2塁とチャンスを広げられません。しかし、ここで1番中村に打順が回ると、相手投手がボークをし、1死2・3塁と同点のチャンスになります。中村は初球をセンターに打ち上げ、この打球で3塁ランナーの山崎(海)が生還して3対3の同点とします。なおも2死2塁とサヨナラのチャンスが続きますが、後続が続けず延長戦に入ります。

その後、両者がチャンスを作れずに迎えた12回表、佐野は2死から四球を出すと4番バッターから6番バッターまで連打を浴び、2点を奪われて3対5とリードされてしまいます。

後が無くなった12回裏、先頭の1番中村が四球で出塁すると、2番森田はライトフライで1死1塁になります。3番比嘉の打席で、中村が初球に盗塁を成功させて1死2塁となると、ここで比嘉がレフト前ヒットを放ち1死1・3塁とします。このチャンスで迎えるのは4番岩浅です。この場面で1塁走者の比嘉が初球に盗塁を決め、1死2・3塁と1打同点のチャンスになります。ここで岩浅はライトへ犠牲フライを打って1点を返すと、2塁走者だった比嘉も3塁へタッチアップを成功させて、2死3塁となおもチャンスが続きます。しかし、続く5番大橋がライトフライに打ち取られゲームセット。4対5で敗れてしまいました。

part3へ続く