秋季リーグ戦 開幕戦白星スタート!!

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

とうとう先週末から秋季リーグ戦が開幕しました。本学は9/3(日)に首都大学東京との初戦を迎えました。

鬼門である初戦に固くなっている選手も多かったですが、写真付きで試合を振り返っていきます。

会場は東洋学園大学グラウンドで先攻が東洋学園大学、後攻が首都大学東京で試合開始です。

試合は初回から動きます。1回表の東洋学園大学の攻撃は、1番中村が初球をセンター前にはじき返すヒットで出塁すると、続く2番打者古牧の打席での初球がワイルドピッチになって、いきなり無死2塁のチャンスを迎えます。

20170903nakamura1.JPG

※2球で2塁に到達した中村

このチャンスをものにしたいところで古牧が送りバントをきっちりと決めて、1死3塁とチャンスを広げます。

20170903komaki1.JPG

※きっちり送りバントを決めた古牧

2年生コンビでつくったこのチャンスを活かしたい場面で、主将である3番比嘉が右方向へ打ち返し、このセカンドゴロの間に1点を先制します。

20170903higa.JPG

※先制の打点を上げた比嘉

幸先よく1点を先制した1回裏、先発のマウンドにはエースの4年柴田がマウンドに上がります。先頭バッターを空振り三振に切ってとると、後続も打ち取り三者凡退で上々の立ち上がりを見せます。

20170903shibata.JPGのサムネール画像

※先発した柴田

しかし2回裏、先頭バッターをヒットで出すと、さらにエラーとヒットで無死満塁のピンチを招きます。7番バッターには粘られながらもセカンドフライでアウトに取りますが、続く8番バッターにスクイズを決められ同点とされてしまいます。それでも2死2・3塁のピンチで9番バッターをサードゴロに打ち取り、最少失点でピンチを切り抜けます。

その後、チャンスをつくるものの活かせない場面が続いていく中、柴田は三者凡退を積み重ねていきます。

迎えた5回表、先頭の8番大橋がレフト前ヒットで出塁するものの、9番奥川のバントが併殺打となり嫌な雰囲気が漂います。2死ランナーなしとなってしまいましたが、1番中村がまたもレフト前ヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決めて2死2塁のチャンスとします。続く古牧は食らいつきながらレフト前に打球を運び、2死1・3塁とチャンスを広げます。続く3番比嘉はストレートの四球を選び無死満塁とすると、4番岩浅の打席で相手投手がひっかけた変化球がワンバウンドし、キャッチャーが斜め前にはじいている間に3塁ランナーの中村がヘッドスライディングで生還して逆転します。

20170903nakamura2.JPG

※2死から出塁して生還した中村

20170903komaki2.JPG

※粘ってつないだ古牧

逆転した直後の5回裏、柴田は先頭を四球で出すものの、2つの送りバントを自身が2塁で刺し、相手にチャンスを与えません。さらに6回以降はランナーを出してもキャッチャーの大橋が2個の刺殺を記録し、全てを三者凡退に抑えてゲームセット。辛くも2対1で白星を挙げました。

この試合は1・2番の2年生コンビとバッテリーが活躍を見せました。1番の中村は2得点。2番古牧は3打数2安打1犠打。また、投手の柴田が打者31人に対して被安打3と安定したピッチングを見せてくれました。リードする大橋も手堅いボディストップと2個の刺殺で相手のチャンスの芽を摘み取り、得点のチャンスを与えませんでした。

20170903ohhashi.JPG

※好リードした大橋

開幕戦白星はなんと4シーズンぶりです。大事な初戦を取ることができたので、勢いに乗りたいところですが、まだまだ課題が山積みですので、平日の練習を大切にしながら次の試合に臨みたいと思います。

次は今週末9/9(土)に東洋学園大学のグラウンドで東京学芸大学と第1試合を戦います。引き続き厳しい戦いになりますが、勝てる準備をしていきます。ご声援のほど、宜しくお願いいたします。