第9戦目の結果と岩浅の初ホームラン!...最終戦のご連絡も

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

ブログ自体の更新が滞っており、大変申し訳ございませんでした。

今回は先週末の11/5(日)に行われた第9戦目の結果と第10戦目のご連絡をいたします。

まず第9戦目となった高千穂大学との試合を振り返っていきます!

先攻は高千穂大学、後攻は東洋学園大学で試合開始です。先発のマウンドには4年生エース柴田があがります。

試合は初回から動きます。柴田は先頭バッターをセカンドゴロに打ち取るものの、続く2番バッターにツーベースヒットを打たれると、この回に4本のツーベースヒットを打たれ3点を失ってしまいます。

その裏、3番山崎海が1死1塁からツーベースヒットを放ち1点を返すと、続く4番松野から3者連続死球、そして7番小澤が押し出しの四球をもらい同点に追いつきます。

同点に追いついた直後の2回表には、エラーが重なりすぐさま突き放されてしまいます。

しかし3回裏、先頭の5番岩浅がカウント1-1からの3球目をはじき返すと、打球は高々と打ちあがりレフトフェンスを越えます。これが岩浅にとってリーグ戦の初ホームランであり、貴重な同点ホームランとなりました。

春季リーグ戦では首位打者となった東洋学園大学の小さな巨人に念願のホームランが飛び出しチームは大盛り上がりです。

20171105iwasa.jpg

※岩浅のリーグ戦初ホームラン

さらに5回裏、先頭の5番岩浅が死球で出塁すると、続く清水も相手のフィルダースチョイスで出塁し、無死1・2塁のチャンスをつくります。ここでリーグ戦初スタメンとなった2年生の7番小澤がレフト前にはじき返す逆転のタイムリーヒットを放ち、5対4と初めてリードします。

20171105shimizu.jpg

※今日も元気な清水

20171105enjin.jpg

※5回裏の円陣

逆転をした直後の6回表、ここまで粘ってきた先発の柴田でしたが、自身のエラーも絡み、この回に4点を奪われてしまい5対8と逆転されてしまいます。

その後は中々チャンスをつくることができずにゲームセット。これでリーグ戦は4勝5敗となってしまいました。

次回の試合は11/12(日)に行う予定ですが、開始時間が13時30分から13時に変更となりました。対戦場所は本学グラウンド、相手は工学院大学です。

4年生最後の公式戦になります。応援の程、宜しくお願い致します。