GWの振り返り~その1_4/28(土)vs日本大学生物資源科学部

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

GWが終わり、気温差が激しい日が続いております。体調には十分ご注意ください!

さて、このGW期間中には全部で4試合行われました!1試合ずつ振り返っていきましょう!

まず4/28(土)に行われた、日本大学生物資源科学部との試合からです。

先攻は日本大学生物資源科学部、後攻は東洋学園大学で試合開始です!

1回表、先発のマウンドには3年戸嶋が立ちます。公式戦ではリリーフはあれど、先発は初めてになりました。 初先発にも動じずに初回を三者凡退に抑えると上々の立ち上がりを見せます。

20180428toshima.JPG

※初先発5回無失点の好投を見せた戸嶋

1回裏、先制点を奪いたい打線は、1番高野がデッドボールで出塁し、2番小山がバントヒットで無死1・2塁のチャンスを作ると、3番福島が三遊間を破るレフト前ヒットを放ち、1点を先制します。さらに、2死3塁から5番谷石がセンター前にタイムリーヒットを放ち、2対0とします。

20180428taniishi.JPG

※タイムリーヒットを放った谷石

その後は投手戦となり、先発の戸嶋が5回散発4安打無失点の好投を見せます。対して打撃陣は毎回のようにチャンスを作るものの、あと一本が出ずに追加点を奪えません。

6回表、戸嶋に代わって3年佐野がマウンドに上がります。この回を三者凡退に抑えるものの、7回表に3連打とスクイズで2対2の同点にされてしまいます。

しかし、8回表に4年松永がマウンドに上がると雰囲気が変わります。MAX146km/hのストレートで相手をねじ伏せるとベンチにも活気が戻り、逆転への攻撃が始まります。

8回裏、先頭の7番古牧がデッドボールで出塁すると、さらに犠打とフォアボールで2死1・2塁のチャンスを作ります。このチャンスに途中出場でヒットを放っている1年齋藤が打席に向かいます。カウント2-2からの5球目、はじき返した強いゴロは相手ショートのグラブをはじき、2点を奪い4対2とします!

20180428matsunaga.JPG

※好リリーフで白星を手にした松永

逆転した9回表、松永が三者凡退に抑えてゲームセット。これでリーグ戦を2勝2敗としました。

この試合は初先発の戸嶋、初スタメンマスクの小澤の日本文理バッテリーと、初スタメンで4打席2打数1安打2四球1得点の1年宮澤、途中出場ながら初安打初盗塁初打点を記録した1年齋藤の叡明コンビの活躍が光りました。

20180428miyazawa.JPG

※初先発で奮起した1年宮澤

20180428bunri4.JPG

※息がピッタリ日本文理4人衆

以上が4/28(土)の振り返りです。次に続く→