GWの振り返り~その3_4/30(月)vs首都大学東京

みなさんこんにちは!東洋学園大学硬式野球部です(^^)/♪

それではGW第3戦となった4/30(月)の首都大学東京戦を振り返っていきます!

※写真がないので文字だけになります。有志の写真受け付けています...。

さて、この試合は先攻が首都大学東京、後攻が東洋学園大学で試合開始です。東洋学園大学の先発は3年相沢です。

試合が動いたのは3回裏、東洋学園大学の攻撃は、先頭の7番宮澤がライト船へのツーベースヒットで出塁すると、8番上野が送りバントを決めて1死3塁とします。9番小山の場面で内野が前進守備となると、低めの変化球に対してバットを折りながらもセンター前に運び、1点を先制します。

しかし、先制した直後の4回表、先頭のレフト前ヒットを打たれて盗塁を許すと、その後2個の内野ゴロの間に同点にされてしまいます。

その後お互いに硬直状態になり、ゲームが動き直したのは7回表です。東洋学園大学の投手が先発の相沢から佐野にスイッチすると、先頭バッターにツーベースヒットを許し、さらにバント処理を誤ると、無死1・3塁のピンチを招きます。この後ヒットとエラーが絡み1対3とされてしまいます。

直後の7回裏、先頭の7番宮澤が内野安打で出塁すると、8番上野が送りバントを決めて1死2塁とします。9番小山が打ち取られますが、1番古牧が右中間へ同点のタイムリーツーベースヒットを放ち2対3とすると、さらに2番高野が左中間へ逆転のタイムリースリーベースヒットを放ち3対3とします!

追いついて迎えた8回表、松永がリリーフで登板して抑えると、8回裏には1死1・3塁から、7番宮澤の内野ゴロの間に1点を追加して4対3と逆転に成功します!

続く9回表も松永がシャットアウトしてゲームセット。4対3で辛くも勝利を挙げて、リーグ戦を4勝2敗としました。

この試合では終盤の逆転劇が見どころでした。7回裏には、ここまで1点に抑えられてサウスポーに対して、前日から徹底した逆方向への練習が生きて長打が続きました。

また、4年松永の好リリーフが光る試合でもありました。

次に続く→